996GT-3 エンジン6  964GTセッティング。

996GT-3 エンジン

ピストン組み込み。

水冷GT-1クランクエンジンは、シリンダーライナーがニカジルメッキ。

空冷ポルシェと違い組み込み難度は、、、かなり高いエンジンです。

SST無くして、、、まともに組むことが出来ないエンジンだと言えますね。

シリンダーライナー装着。

エンジンを設計するエンジニアは当然 組み込み分解ができるエンジンを作る必要があります。

昔のレーシングカーのようにシリンダーヘッドとブロックを溶接して二度と分解出来ないエンジン設計は、市販車には、ありえませんから、、、

ポルシェの水冷GT-1クランクエンジンを見るたびによくこんな複雑なエンジンを設計したと思いますね。

組み込みにかかる時間も空冷の3倍、、、難易度はさらに倍ですかね。

エンジンの構造を理解していないと組めないエンジンですね。

ヘッド部分完成。

ここまで完成。

連休中は、ウチの電子スロットルターボのセッティング。

いろいろな部分を見直して組みなおしたので全然違う車に、、、

パワー測定で ブースト1Kでもローラーが

滑り、、終了。

この時点で561PS

本当は、ブースト1.5Kまでやりたかったのですがこの時点で終了です。

あとは、実走でと思ったのですが、、こちらも無理、、、、

続きはサーキットでやります。

電スロターボ、、、、めっちゃいいです。

これを味わうと、、もうこれしかないかな?  と思いますね。

アンチラグと オートクリッピングは、まだまだ、、妄想中です。

一度にやることが多すぎて頭がパニックですね。

964ターボ 電子スロットル  3

964ターボの 電子スロットル 

エンジンは、完成です。

エンジン側のハーネスは、作成済みであとは載せてから車両側を作ります。

レーシング車両なので エンジン載せも楽勝ですね。

ハーネス類は、すべて難熱ハーネスとDTMカプラーで作成です。

室内側は、ロールゲージがジャマでやりづらいですね。

配線も完成です。

とりあえず、LINK G4+の XTREMEで 動かしますが

エンジン始動後は、LINK G4X のFURY に交換します。

もう少しで完成です。

今年は、忙しくてサーキットに一度も行っていません。

早く走りに行きたいですね。

———————————————————————————————

メカニック募集しています。

週2-3日程度で 働ける方。

詳しくはお問い合わせください。

964 3.6 ターボS フラットノーズ

ポルシェ964ターボS 3.6 フラットノーズ

古くからのお客さんで 車検です。

まずは、前車検整備。

最近 リトラクタブルヘッドライトが 不調。

こちらは配線類の接触不良が原因ですね。

フラットノーズって特殊な車で写真のようにエアコンのコンデンサーが水平マウントだったり

各部のパーツが普通の911とは異なりますね。

PSラック 不具合があったのでリビルトしました。

ラックブーツも交換。

新品だとびっくりする金額ですね。

サイドマーカーも交換して 

フロントのトー調整。

あとは、油脂類全交換で完了です。