Z34 エンジン不動??

オイルクーラー取り付けのZ34

オイル漏れチェックの為にエンジンを始動させてその後エンジンを止めもう一度かけようとすると

エンジン不動に。

正常ならエンジンを掛ける前にクラッチを踏むマークがこのように出るのですが

イモビライザーのマークとキーマークが点灯するのみでイグニッションONにもならない状態。

原因をいろいろ調べるとこいつが悪さを

ステアリングロックSW。

左が付いていたもので右が新品の対策品。

イモビライザー付きの車は、こいつが電気で動いてステアリングロックします。

よく鍵を刺す時にガシャという音。

ステアリングロックが動いている音です

ステアリングロックが動かないとイモビライザーが解除出来ません。

Z34のこの症状。

ネットで調べると、、、、

出るは出るは、、、、

これは正直リコールレベルの台数です。

もし出先でこいつが壊れると、レッカー以外対処方法はありません。

さすが日産の電気部品。

ゴーン品質と言うべきか?

とりあえずパーツを変えてエンジン始動。

流石にエンジンチェックランプやらがいろいろ付きます。

テスターで調べると不具合箇所が10箇所以上。

全て消去して

オイル漏れ確認の続き。

フロントオイルクーラーは、こんな感じの水平マウント。

デフオイルクーラーは

こんな感じ。

デフクーラーはエア抜きをして無事終了。

明日 試運転をして問題なければ完了です。

これでサーキットもバッチリですね。

OS LSD 仕様変更 車が満車です。

OS 技研の LSDの仕様変更。

ハイエース用のスタンダードSPCから

うちのチャレンジSPCへ変更。

これでバッチリ効くようになります。

こちらは、沖縄に向けて出発です。

向こうで元気で走ってもらいたいですね。

こちらは、まさかのZ34のステアリングロックユニット。

こいつが壊れるとエンジンがかかりません。

かからないどころかイグニッションにもなりません。

本当にどうしようもないパーツですね。

カレ2ターボは、ただ今エンジン分解中。

こちらのターボは、

鈑金から上がってきました。

今 工場が超満車状態で入庫制限をさせてもらっています。

嬉しい事ですが流石に体は一つなので無理ですね。

お待たせしている方申し訳ありません。

よろしくお願いします。

Z34 オイルクーラー取り付け

ポルシェのお客さんの練習車

Z34 富士を走ると2週で油温が130度超え。

ということで

オイルクーラー取り付けです。

HPIさんの アンダーパネル1対型。

こんな感じの水平マウントです

オイルクーラーコアも1番大きいタイプです。

ついでにデフオイルクーラーも取り付け。

デフ温度もサーキットだとかなりキツイので取り付けです。

こちらも専用タイプ。

国産車は、こういうパーツが豊富にあるのが良いですね。

ただこういうものをつけないとろくにサーキットを走れないのがポルシェと最も違うところですね。

こんな感じで取り付け。

あとは内装をばらしてデフオイルクーラーポンプのSWを取り付け。

こちらの方が大変だったりします。

もうすぐ完成です。