964カレラ2エンジン完成

964カレラ2エンジン

ディスビ ローター ベルトセンサー交換です。

このあたりは、ほんとすぐダメになります。

プラグはボッシュではなくNGKで、

これも定番ですね。

エンジン完成。

この車はティプトロなのでティプトロのベルハウジングが付きます。

こちは、リベット号のフロアパネル。

取り付け担当はシギ君。

リベット号の車速センサーも作成中。

997GTー3 MTに変更したので車速が取れない状態ですが、このままだとLINKのロガーで詳細が解らないので別の場所に取り付けです。

デフサイドフランジに取り付けます。

ここにアルミプレートと同じ数の磁気を埋め込みます。

こんな感じで完成です。

LINKフルコンでも車速とギヤの判別が出来るようになりました。

こちらは、嫁用に検討中のノートe-power

4日間 試乗車を借りて乗っています。

アラウンドビューモニター良いです。

ノートe-power は完全電気自動車でエンジンは充電の為だけです。

100%モーターの加速。

140kmまでギヤチェンジなく伸びる感覚は、従来の車では考えられないですね。

加速もプリウスやアクアなんかより強烈です。

また、回生ブレーキが強烈なので自宅から会社までの通勤では、1回もブレーキを踏みませんでした。

1ペダルドライビングが可能です。

10万キロぐらいブレーキパッド減らないでしょうね。

どうせ買うならノーマルより

やっぱりNISMO ですかねー

検討中です。

964ターボ オイルライン修理 他

964ターボのオイルライン修理です。

ホース交換されているのですがホースのラインを切る時に切りすぎてヒースそのものに亀裂が入っています。

普通オイルライン交換ですがこのオイルライン単品で数十万円します。

物が真鍮ですので今回はハンダで修理しました。

これで大丈夫です。

こちらは、964カレラ2エンジン。

ヘッドを組み付けて

バルタイまで

あとは、補機類を組めば完成です。

トヨタ ルマン優勝しましたね。

でも、日本の一般ニュースでは、どこも伝えていません。

日本は、自動車技術先進国ですが、

自動車文化 後進国です。

誰か? F1のスターでも出てこないとダメですね。

GTぐらいで速くても誰も見向きもしません。

でもスーパーライセンス取れる選手誰もいないですね。

悲しい事です。

エンジン組

964カレラ2エンジン。

順調に組み付けしています。

加工から上がってきたヘッド。

SET長合わせをして組み付けです。

こちら964ターボエンジン。

こちらは、加工に出す前の洗浄。

ウエットブラストで綺麗にしています。

左 施工後 右 施工前です。

本体を傷つけずに綺麗になりますね。