964ターボ センサー配線作業  MV350 OS LSD

まずはいろいろ作り物から、、、

パイプ類は一部作り変えです。

インタークーラーを仮付けして、、、

レイアウトの確認。

週末は、 キャラバンのOS LSD取り付け。

お客さんは、 アイドラーズで最速のGT-R軍団のお客様。

こんな縁もあるのですね。

昔から、、LSD着けたかったようです。

次回のアイドラーズも  楽しみましょう。

964ターボは、続いて配線作業。

まだまだ、、続きます。

ポルシェ6スロ  LINK G4X

6スロで少し、、ハマリ気味、、、

アイドル不調、、、

原因は、やっぱり 

ハイカムだと問題なかったけど

ノーマルカムだとやっぱりきついのね。

制御は、LINK FURY  G4X

G4+  から  G4X に移行してずいぶん経ちますが

ソフトウエアも変わり、、ECU速度もUP。

個人的には、G4+が 平和だったかな? と思います。

(あくまでも個人の感想ね。)

G4Xになって性能は格段に上がっていますので、こちらに慣れるしかないですね。

ここのところ 梅雨のせいで、、、セッティング難民と サーキット難民です。

本当は、明日、、、モテギ   の予定でしたが

キャンセルですね。

セッティングも溜まっています。

自然には逆らえませんので仕方ないですね。

JZX100 LINKプラグイン サスペンション交換

ATから MT転送の JZX100

ECUは、LINK プラグインで制御します。

LINKプラグインは、ノーマルのECUの箱を使い

基盤を入れ替えるタイプです。

将来性を含め、、拡張ハーネスも取り付け。

プラグインですので問題なくエンジン始動ですが、、

点火時期は、確認。

まれにバグってまったく違う点火時期になっていたりする場合がありますので

ここは、要確認です。

続いて、、サスペンション交換。

私が、昔使っていた車高調をお譲りしました。

全長調整の昔のクスコの車高調。

バネレートは、フロント20K  リヤ 14K 

めっちゃ固いと思うでしょ。

でも、車が重いのと サスペンションのレバー比があるのでサーキットを走るなら

これで普通ぐらい。

このサスペンションで 1JZ時代のJZX90で 富士で 2分1秒まで出ています。

ドリフトもバンバンやってましたので問題なく使えると思います。

ちなみに現在のウチのJZX90  フロント24K  リヤ 20Kです。

テンションロッドのブッシュをピロボールに交換。

すでにひび割れてますがこの部分は負担が大きいのでピロがいいです。

ブッシュがこんなにたわんでいます。

ドリフトやサーキット走行の場合 この部分をピロにしておかないと怖くて走れません。

これでOKです。

あとは、1Gで足回りの締め付けをして、、アライメントを取って終了です。

ついでにプラグ交換と オイル交換も、、、

こちらも今までの街乗りオイルとプラグだと無理ですね。

リキモリGT-1 10W-60 と  トラストの8番です。

着地して少し、、試乗。

シフトノブは、TRD製をチョイス。

かっこいいですね。

車高が落ちてキャンバーもかなり付いていますが、、ノーマルのホイールなので

かっこ悪いですね。

いずれ、、、こんな感じに、、、正常進化しましょう。

あとは、LINKのセッティングをして終了です。