964ターボ エンジン組み

964ターボのエンジン組みです。

定番のARPのコンロッドボルトです。

パワーを出すには1番重要な部分です。

ここが折れたらどうにもならない。

最重要部品の一つですね。

こちらのターボは、少しサスペンションのバネ変更。

オーナーさんの意向により少し街乗り仕様に改造中です。

昨日は、jzx90 のオイル類を全て交換して

本庄サーキットへ。

久々のドリフトです。

フロント使い古しのARー1

リアは

トライアングルです。

安いけどブロック飛びがなくライフが長いです。

11日は、お客さんと富士に行きます。

久しぶりに964ターボを走らせるつもりです。

富士のライセンス走行ですのでライセンスお持ちの方はピット借りますので一緒に走りましょう。

ライセンスない方も当日で取得して昼から走ることも可能ですので参加してみてください。

ドライビングサポートするつもりですので

現状の車のセッティングが良いのか?悪いのか?

確かめるには良い機会かと思います。

それでは、、、、

964 ターボ 腰下

964ターボの腰下。

いつもの様に オイルポンプの分解から

3.6Lになってからのオイルポンプより

3.3lターボまでのオイルポンプの方が好きですね。

3.6Lエンジンは、オイルポンプがマグケースです。

だから軽量ではありますが剛性的にはイマイチですね

その証拠に水冷エンジンでは先祖返りしていたりします。

腰下の組み付け準備を

ポルシェの腰下の組み付けはいつも言うように時間勝負。

シール塗って合体してからOリング入れて工具探して、、、、なんてやっていたら素人です。

あっという間にシールが乾いてしまいます。

全ての工具 オイルシール ボルト ナットに至るまで揃えてから組まないとダメです。

人間のオペに似ています。

下準備命です。

車両側のオイルラインもパーツが来たので修理。

いつから漏れていたのか?

わからないぐらいドロドロです。

こちらはクレスタのクランクプーリー

工場内を動かしているといきなり重ステになり

メーターの警告灯が点灯。

ベルト切れかと思いましたが

まさかのクランクプーリー破損。

1JZエンジンはクランクプーリーがダンパータイプです。

それがちぎれました。

とりあえず予備があったので交換。

これがもし富士のストレートエンドで起きていたと思うと怖いですね。

あそこでいきなり重ステになったら間違いなく事故りますね。

日々の点検が重要なのを再確認しました。

JZX90 T67タービン エンジン始動

JZX90 T67 仕様。

どうせやるならカム交換

ノーマル加工カムですが、、、、、

ちょっと削り過ぎ。

インナーシムでないと無理。

やってもらったのが師匠なので文句言えません。

という事でカム交換は却下。

次回 1.5Jにしたら使おう。

せっかく買ったからカムスプロケットは付けました。

それっぽいエンジンに見えますね。

インジェクターも800ccに変更。

サイドフィードのインジェクターはもう廃盤です。

これ随分前に買っていたやつです。

最後の1setです。

無事エンジン始動。

エンジンルームがかっこよくなりましたね。

後は、セッティングをして終了です。

早く富士に行きたいね。

何秒出るか? 楽しみです。