BMW 92 M3 完了




92  M3
テスター診断でコイル不良のコイルとプラグを交換。
プラグは全交換。
多分、今まで一度も交換されていない感じです。
1番プラグは、ダメな状態です。
V8  NAのプラグ交換は、4番と8番がやりづらいのですが、964ターボなどと比べるとまだ楽ですねー
完了して試乗。
V8  NA  8スロ   400PSオーバーの車は速いですねー。
富士だと 簡単に50秒台で走れそうです。
ただ、重さがやはり気になりましね。
走行後  テスター診断でもエラーは無くなりました。
最近は、マキシシステスターが大活躍です。

BMW 92 M3 車検




お客さんで930ターボに乗られている方の依頼でBMW  92 M3  の車検です。
92  M3も販売から10年近くになるのですね~
新車の試乗車乗ったことがあるのですが恐ろしく速かったですね。
このM3  走行距離が結構いっているのでチェックの為試乗していると
いきなりエンジンチェックランプ点灯。
インフォモニターは、ディラーで点検して下さい。だって
新しく導入したテスターマキシスで診断。
空冷ポルシェばっかりなので普段ほとんど使いませんが、、、、
今時の車の整備には欠かせない存在です。
しかもこいつポルシェ  BMW  ベンツ
ランボ  フェラーリ  国産車  
軽自動車まで使える優れものです。
実は、この車エラーがいっぱい入っていて一度全てリセットして走らせると本当のエラーが出ました。
原因は、こいつ。
1番シリンダーのイグニッションコイルがお亡くなりです。
だから思ったより速くなかったのね。
2007年以降の車は、テスターが無ければ何も出来ない車が多いです。
特にパーツ交換の為のパーツ認証が必要な場合がほとんど
メカニックは、整備士というよりは電気屋見たいです。
つい先日も、ウチのお客さんはカイエンのヘッドライトでえらい目に合いました。
ウチのカイエンは、2006年モデルで良かった。と思います。

BMW E39 M5 LINKフルコン 完成

BMW E39  M5
LINKフルコン完成。
最後まで苦労したのは、
LINKのシンクセンサー設定に
E39のM5がないという事で。
とりあえず、他のBMWの設定で動く事は動くのですが2500rpmあたりで通信が途切れる症状が必ず出ます。
そして、エンジン始動でも1発でかかったりかからなかったり。
これが、BMW  E39  M5のクランクセンサーとカム角センサーの波形。
クランク角は、ドイツ車特有の欠歯タイプなので問題ありませんが、カム角センサーが独特な波形。
この波形だと汎用トリガー設定は、無理なので専用設定が必要なのですがLINKのプログラムには、その設定がありません。
カム角センサーを諦めて、クランク角だけで同時点火仕様に変更しました。
カムアングルが取れないという事は、
シリンダーのどこが?頭という事がわからないので独立点火とシーケンシャル噴射は出来なくなります。
独立点火のシーケンシャル噴射と
同時点火の全機筒噴射だと何が違うのか?
今回は、この2種類の点火と噴射方式を
同じ車で体験出来たので少し説明。
E39  M5は、独立した8個のスロットルを持つ8スロエンジンです。
だから、余計に2個の噴射方式を比べるには最適な車です。
まずは、独立点火&シーケンシャル噴射。
現在の車では当たり前の噴射方式。
ノーマルECUのM5ももちろんこの方式です。
シーケンシャル噴射の利点は、インテークのバルブが開いた瞬間に各気筒ごとにインジェクターを噴射出来るので非常に効率的に燃料制御出来ます。
かたや同時噴射の場合、タイミングは、関係なしに決まった時に同時に全機筒噴射します。
キャブレターの車と同じだと思ってください。
でも、この2種類の噴射方式の違いがわかるのはアイドリングから3000rpmまでのアクセルの付きの良さとアイドル回転数の違い。
シーケンシャル噴射の方が低い回転でも滑らかにアイドリングします。
シーケンシャル噴射&独立点火の利点は、アイドリングから3000までの領域。
要するに、普通に街中を走る時に1番使う領域でその威力を発揮します。
逆の事を言えば、
サーキットなどの3000以上しか使わない場合は、それほど変わらない。
回転数が上がればインジェクターそのものの噴射がバルブの開く速さに追いつきません。
3000rpm以上の領域ではその違いは解らない。
あとは点火方式の独立点火と同時点火の違い。
これは、性能的には全く変わりません。
違いを言うなら、LINKなどの点火リタードが出来るフルコンの場合、各気筒ごとの点火リタードが出来るか、2気筒同時にリタードするかの違いだけです。
あとは、同時点火は、独立点火の2倍の回数で点火するのでコイルの寿命が半分。
でもその逆にエンジンがカブリやすい車の場合、同時点火の方が有利だと言えます。
サーキットは、走らず街乗りメインの人は、独立点火&シーケンシャル噴射は良いと思いますが、今回のM5のようにもともとナンバーがなくドリフトやサーキット仕様の車なら同時点火&全機筒噴射でも全く問題ないと思います。
たまに、ディスビ点火の古い車でもバカみたいに高価なECUで制御されている車を見かけますが、全く意味がないと思います。
自分の車が何をしたいのか?
走る場所はどこ?なのか?
それを見据えてECUを選べば良いと思います。
エンジンがノーマル状態の場合、全ての場所で完璧に制御出来るECUは、ノーマルECU以外にないのですから。