930ターボ MT OH  2

930ターボのMT

まずは洗浄から

930 4速ターボは すべてのギヤが圧入で作成されています。

通常は、メインシャフトが1速や2速の役割をするのでギヤ比変更する場合大変ですが

930 4速ターボの場合 すべてのギヤをカスタマイズできます。

これは、その当時のレースカーからのそのまま市販車化されたMTと言えますね。

このようにメインシャフトのどこにもギヤが存在しないすべて入れ替え可能なシャフトです。

そして海外メーカーからいろいろなギヤが販売されているので自分に合ったギヤの選択が可能。

そう考えれば4速ターボは、、悪くない、、、

ウチの今作成中のマルティニRSRは、 4速ターボMT で作成予定です。

理由は、6速あっても、、使えない1速と6速は、要らない、、、

だから4速で十分ということです。

シフトホークのクリアランス測定の為 ダミーケースを使います。

これがないと正確に計測 調整できません。

ノーマルはオープンデフですので 本当はLSDを組みたいのですが、

この車両  主に奥様が乗られるようでそのあたりは却下しました。

930ターボを 奥様が普段の足として使いたい、、、、

これが今回のオーナーさんからの依頼です。

すごくないですか?

女の方が 930ターボを、、、

しかも初期型の 75年モデルを普段の足として使う。

カッコイイですね。

まったく動かさないで所有だけしている男子がいかに多いか、、、

ちょっと衝撃ですね。

MT本体 完成です。

930ターボ  MT OH

75年 930ターボ  まずはMT OH

入りがあまりよくないようで分解して確認です。

930ターボは 75年から 88年まで 930MTと言われる ポルシェシンクロのMTです。

カレラ系の915MTは、5速ですが 930MT は、4速です。

俗に言う  930 4速ターボ。

930ターボで 5速MTなのは G50 MTとなった89ターボだけです。

発売当初 有り余るパワーの為 5速は、不要、、と メーカーは説明していましたが、、、、

本当の真意は、解りません。

まあーーその頃のライバル車両は、 フェラーリのBBだったり、、、ランボのカウンタックだったわけですから 確かに4速MTで十分対抗できたかと思います。

実際に走らせたらポルシェターボが1番速い、、、

だから、、メーカー的には余裕だったのかと思います。

ポルシェシンクロを 嫌がる方が多いですが、、、私は案外好きです。

ポルシェシンクロのポルシェを乗りこなせないで、、、何が?ポルシェ乗りよ、、、と

昔の先輩方は言います。  私もそう、、思います。

各部点検して まずはパーツ出しです。

964 カレラ MT OH

964 カレラ2 G50 MTの OH

このオイルの汚れ方は、嫌ですね。

カーボンLSDってこれだから嫌い。

だから使わない。

昔  センチネルってデフオイルありましたが

始めからこういう色してました。

モリブデン系オイル  入れるだけでLSDがバキバキに、、、、

でも今では聞かないですね。

分解点検です。

毎回の事ですが不具合のあるMTは、ベアリングを抜く時が固いです。

特に1速ギヤは、ベアリングとスリーブをダブルで抜かなかればならないので大変です。

色々と裏技を使わないと抜けません。

4ポイントベアリングがバラバラ。

こちらの4ポイントも、、、

ポルシェのMTは、よく出来たMTで耐久性もありますが各パーツは非常に高価です。

ベアリングを全て交換したら普通に国産のMT

ASSYが買えますね。

分解完了です。