ポルシェ 996cup 販売車両

ポルシェ996cupの販売車両です。

ナンバー付き 00年 996cupです。

現状車検切れ。 ナンバー有り

詳細

ポルシェ996cup  2000年モデル

白  6F

走行距離  38800km

車検  無し

フロント リヤローター  後期CUP  350mmへ変更

足回り

ノーマルCUP サスペンション改  エナペタル調整式。

エアジャッキ OH済み 。

サスペンションアーム  RSSフルピロへ変更

ステアリングラック GT-3用へ変更   (ハンドルの切れ角が増え街乗り可能です。)

ラジエター電動ファン 追加。(ノーマルCUPは電動ファン無し。)

サイドブレーキ追加   (ノーマルは、無し)

助手席バケットシート  レカロSPG  追加

助手席ドア  鍵穴追加

ホイール CUPホイール センターロック

ETC付き。

その他   ノーマルCUPカーに準ずる。

久々に動かしてみました。

996CUPは、公道を走る事が出来る最後のポルシェのレーシングカーです。

次期モデルの997cupは、シーケンシャルMTになってしまいましたのでナンバーが取れたとしても街中を走る事は不可能です。

足回りはRSSのフルピロへと変更済みです。

ノーマルは、フルピロではありません。

また、サスペンスもノーマルは非調整ですがエナペタルにて減衰調整式にOH済みです。

左右ドア ボンネットはドライカーボン製となります。

運転席 助手席共に鍵がかけられる用にしてあります。

エアジャッキは新品交換済みです。

助手席にもレカロ装着済みです。

販売価格 650万円

996CUPは、現在のJAF戦には参加出来るレースがなくなりました。

でもこの車をベースに3.8Lや4L チューニング

もしくは、ターボを取り付けたCUPターボ作成などのチューニングは面白いと思います。

富士のストレートで現行CUPカーをぶち抜く996cup 考えただけでもカッコよくないですか?

タイムアタックやサンデーレースでは間違いなく最速の1台になると思います。

ベース車両に996が良いのは、996まではそれ以降のポルシェと違い電子制御部分がまだ少ないです。

この車両は、LINKフルコンでも走行テストしていますので大幅なエンジンチューニングにも対応可能です。

例えばターボを付けてもエンジンを動かすことは可能です。

996CUPで車重1200k で 800PS

なんて車 日本じゃいないですよね。

誰か作りませんかね。

全面的にサポートします。

また、その真逆の考えでエアコンつけてヒーターつけてレーシングカーを街乗り車両に改造するというのも有りかと思います。

車はあくまで乗り手次第です。

自分の好きなように乗れば良いのです。

ただ眺めるだけの盆栽にはして欲しくないです。

車両現車確認可能ですので

興味のある方はお問い合わせください。

よろしくお願いします。

996 cup MT OH ファイナル交換

ポルシェ996cupのMT  OH

ファイナル交換です。
cupカーは、色々な部分がロードカーとは違います。
シンクロが鉄だったり ギヤ比やシフトホークに至るまで違います。
ロードカーのGTー3とCUPでここまで中身を変えているのにはそれなりの理由がポルシェにはあるのだと思います。
cupカーは、基本サーキットしか走らない車ですので、MTも時間管理。
当然ですよねー。
ほぼ、全開でしか使わないのでロードカーのGTー3とはまるで考え方が違うのです。
1番違うのは、5-6速のシフトホーク。
ロードカーは、アルミホークのボルト留めですが、cupカーはさらに、強度をもたせた素材のフォークで更に固定の仕方もボルトプラス 左右からのネジ留めです。
どういう経緯からここまで強固に作っているのか?解りませんが、ルマンなどの24時間レースに耐えられる強度となるとこういう作りになるんだなーと
いつ見ても関心します。
cupカーはロードカーをチューニングする時に本当に参考になる車です。
さすが、ポルシェだなー  と思えます。

色々やってます

930ターボのLINKフルコン
色々試しています。
今回は、ツインプレートクラッチなので
60山タイプ。
ノーマルのセンサーは、
ディスビ内蔵のこのタイプ。
このタイプだと 930ターボはいいが
964ターボだと問題ありそうです。
964ターボエンジンの下処理。
996cup  MT  OH
cupのMTは、いつ見てもよく出来てます。
普通のGTー3とは、ギヤ比だけではなく
色々な部分が違います。
こちらは、964カレラのファンハブ交換。
ベルトも新品にして
完了です。