ディスビベルト

ポルシェ 964カレラ 993カレラ

ディスビベルト交換。

964 993のNAエンジンはツインプラグの為

ディスビベルトを使っています。

片方のローターともう片方のローターをコグドベルトでつないでいます。

こいつが切れるとやばいですよ。

切れると当然片方の

ローターは動きません。

その止まった位置がディスビキャップの間ならまだいいのですが、

例えば4番シリンダーにドンピシャの位置で切れた場合。

4番シリンダーにはクランク2回転で6回火が飛びます。

その内 圧縮上死点 と排気上死点は問題ありませんがそれ以外の4回の点火は問題大ありです。

集中して同じシリンダーに点火し続ける為

最悪の場合 シリンダーに穴が空いたりします。

ディスビベルトは、要点検部品です。

案外切れていても気づかずに乗っている人がほとんどです。

点検方法は簡単です。

ディスビの奥側のキャップを外して手でまわして動いたら切れています。

交換は、素人レベルでは難しいのでプロショップに任せましょう。

993カレラエンジン とハイエースLSD

993カレラ

オイル漏れ修理

エンジンのチェーンカバーからのオイル漏れ。

964からのマグケースになったM64エンジンは弱いですね。

でも不思議とサーキットガンガンの車だと漏れない車が多いのでオイルに混じったブローバイの原因が大きいかと思います。

リヤバンパー外して

エンジン半おろしでG/K交換です。

これを見るとポルシェのエンジンがいかにレーシングエンジンだとわかるでしょ!

ドライサンプのレーシングエンジンだから出来る低重心のFLAT6 エンジン。

最新の991cup前期まで続いたGTー1クランクです。

今日は、神奈川県からハイエースのLSD&ファイナルギヤ取り付けも。

遠くからわざわざありがとうございます。

964カレラ2 LINKフルコン完成

964カレラ2 LINK完成。

連休最終日に高速セッティング。

昨日の早朝の高速は流石にガラガラでした。

今回は、いつも以上にLINKフルコンの機能を使いました。

ラムダコントロール エンジンチェックランプ

パージ制御 アイドルコントロールのクローズドループ などなど

LINKのいいところは 私の中ではやはりロガー機構の素晴らしさ。

ミクスチャーマップでロガーとマップがダイレクトに繋がる使いやすさはLINKが1番ですね。

本日 納車でした。

こちらは、今日 入庫の993カレラ。

色々点検します。

こちらは、業者さんからの964エンジン。

こちらは色々問題ありです。