930ターボ エンジン分解

フルコン作業で預かり中の930ターボ 。

エンジンの中身が怪しいのでオーナーさんの了解を得てエンジン分解。

HKSのVプロでフルコン化されたエンジン。

それにしてもホースの数が多すぎ、、、

エンジンハーネスもぐちゃぐちゃですね。

ポルシェを動かすエンジンハーネス、、、

こんなに要らないですね。

インマニは、、、、

インマニ部分にスロットルを溶接???

ターボのマニホールド、、、確かマグのはずですが、、、

溶接、、、できるんだ、、、

このマニホールドは、当然使えません。

ある時期、、定番だった日産クラセン、、、

私、、これ嫌いなので使いません。

しかも、、ガタガタです。

マフラーやタービンを外して

オルタネーターは、、、

ガタが出たのか?、、、溶接されています。

この部分を、、溶接??

もはや、、意味不明です。

こちらも交換ですね。

あとはエンジンの中身、、、

こちらが肝心ですね。

慣らし運転中の 2台。

964ターボは、エアコンの調子が悪く、、、夜でなければ慣らし出来ません。

2台まとめてだと、、、流石に、、キツイですね。

930 ターボ  フルコン作業

4年ほど  放置された930 ターボ。

話を聞いていると色々手直しが必要なので

まずはエンジン降ろし

オイル漏れもかなり進んでいます。

車は動かさないとすぐに劣化が始まります。

半年動かさないならジャッキupしてオイル類ガソリンなどを全て抜いておかないと劣化が進みます。

4年だと ガソリンは腐り。オイルは劣化してゴム類を腐食します。

当然 電気周りも怪しいですね。

この車は 、GTーRのハーネスを使い

HKSのVプロでフルコン化された車両。

なんだかつい最近も同じような仕様の964ターボ を見た気がする。

VプロからLINKフルコンへの変更が本来の目的ですが、、、

まずはエンジンの状態をみないと怖くて走れません。

Vプロです。

これもどこかでみた感じです。

スロットルは、、、、

これだと小さすぎですね。

配管が張り巡らされたエンジンルーム。

とりあえずエンジン降ろて全て撤去です。

コンプレッションを測ると、、、

1番だけ、、低いですね。

あとはオーナーさんといろいろ相談ですね。

リベット号 アライメント 964T ハブ  BG交換

アイドラーズのレースが近いのでリベット号のアライメント。

今回からダミーホイールでアライメント。

1年近くアライメントを取っていないのでかなりずれていますね。

点検してるとフロントショックの全長調整部分のネジが緩んでいます。

リベット号のショックはエンドレス製。

エンドレスの車高調は左側が逆ネジ形状。

これは緩み防止の処理ですがそれでもやはり緩みますね。

この辺りはスピリット のネジの底がテーパー形状の物が緩まなくて最強だと思いますね。

この辺りは色々使ってみないとわかりませんね。

アライメント完了で試運転していると

アクセルペダルが変?

調べると、、、

アクセルリンケージのブッシュが粉々に、、、

LINKのデータロガーで確かめると

6月のアイドラーズの決勝レースですでに全開にしてもアクセル開度  80% でした。

決勝は雨だったので、、、結果オーライでした。

今回  レース前に発見出来て良かったです。

こちらは、 964TのハブBG交換作業。

可変音量マフラーにして試運転すると、、、

リヤから かなりの異音が、、、、

ハブガタは出ていないのですが

ハブガタが出てから気づいたら手遅れの場合が多いです。

もう販売から30年選手、、、問題なくても交換して良い時期かと思います。

964TのハブBGはホイールハブを抜くと必ずハブ側にBGレースが残ります。

年式によってはプーラーをかけるサービスホールがあるのですがないものがほとんどです。

こう言う場合はレース部分に溶接で工具の係しろを作ります。

そしてプレスで抜きます。

乱暴にサンダーで切っている方おられますが

ハブが傷つくのでNGですよ。

外したハブBG。

BG部分はゴロゴロですね。

昔は、リヤハブBG交換はガーディングアームを外してプレスで抜いていましたが

現在は特殊工具を使って組み替えしています。

今までは

ガーディングアームを外すとアライメントまで取らなければならないので時間も工賃も大変でしたが特殊工具が有れば 工賃も時間も短縮出来ますね。

ただ、、、930 ターボのリヤのハブBG交換は、、、

やりたくないですね。

こちらはさらに、、、特殊です。

そして部品代も高い、、、、

時代を超えたスーパーカーなので仕方ないですね。