964ターボ エンジン分解

北海道からの964ターボ 。

エンジン分解。

エンジン内部は、大きな損傷はなく

綺麗な感じですね。

オイル管理も問題ないですね。

洗浄後 色々点検してオーナーさんと仕様を決めていきます。

こちらは、ウチでは珍しい車。

AW11 MR2 です。

その昔私もNAとスーパーチャージャーの2台乗っていました。

4AGエンジンは、86を含め4台乗りました。

もしかしたらポルシェよりも詳しいかもしれません。

もう30年も前の話ですね。

懐かしです。

車検の依頼ですが4年間動いていなかったので

ほぼレストア状態です。

こちらの964ターボ は、

走行距離 12,000キロ

ワンオーナーです。

外国人が買いに来たみたいですが

これ以上の車はないと未だに所有されています。

その気持ち解りますね。

それでは、、、

2019年 アイドラーズ第2戦 筑波 車載

先日の、アイドラーズ第2戦の 車載です。

車は、JZX90 クレスタで

クラスは、GTストリートです。

GTEX(スリックタイヤOK) GTファイター GTストリートの混走です。

GTストリートクラス  ポールポジション  

総合11位からのスタートです。

レースを楽しむ極意は、相手を尊重して引くべきところは引く、、、

これにつきます。

かなり楽しい車載となっていますので見てみてください。

(素人同士のレースですので変な突っ込みは、無しでご覧くださいね。)

次回は、ポルシェか?  クレスタでリベンジか?

それでは、、、

964ターボ エンジンOH カレ2 ターボ タコ足作成

北海道からの964ターボ

点検しながらエンジン降ろし作業です。

フロントのオイルクーラー部分。

かなりオイル漏れが見受けられますね。

これは要ホース交換です。

エンジンを降ろして各部点検。

クラッチは大丈夫そうですが

どのみちツインプレートに変更ですね。

エンジンマウントはいつものように液状マウントがダメになり垂れ下がっています。

こちらはリジッドに交換ですかね。

ここからはエンジン室で作業です。

エキマニは、クラックが入っています。

またこのウエストゲートへのレイアウトだとブーストが落ちません。

OBXのタコ足と同じような作りですね。

タービンは、EXの羽が溶けています。

こちらも要相談ですね。

今日はここまでです。

こちらはカレ2ターボ

タコ足がほぼ出来上がりました。

後はマフラーとウエストゲート。

そしてインタークーラー

セトラブ製を使います。

エアコン ヒーター付きなのでどうしてもサイズ的に制約が出てしまいます。

サーキットを走る訳ではないのでこの大きさです十分かと、、、、

街乗り仕様は、ある程度の妥協が必要ですね。

だから、より性能の良いセトラブコアで作成します。

それではまた更新します。