987 ケイマンS OS LSD

987 ケイマンに OS技研のLSD取り付けです。

最近、ケイマンとボクスターの取り付けが増えています。

今回のケイマンは、スタンダード品ではなくサーキットSPCのLSD取り付けです。

たまに楽しむ程度に富士を走られる様なのでそれに合うものを設定しました。

ミッドシップのケイマンですがサーキットだとやはりLSDは必修アイテムですね。

ロードチェックをして

無事完了です。

987ボクスター OS技研LSD取り付け

車検終了の987ボクスター

続いてOS技研LSDの取り付けです。

純正は、オープンデフです。

ミッドシップでもやはりLSDがないとつまらないですね。

秘密兵器。

ボクスターのリングギヤボルトは角度締です。

これスナップオン オンのデジタルトルクレンチ。

トルクや角度に合わせてランプと振動でお知らせしてくれます。

しかも、閉めた回数を記憶しています。

これだと45度で10回閉めたと言うこと。

すごく便利です。

めっちゃ高いですが、これがないとこれからのエンジンの正確なエンジン組みは出来ません。

腕より道具ですねー。

サーキットSPCのLSDです。

最近ボクスター ケイマンのLSD取り付けが増えました。

やっぱりLSDがあると車は楽しいですね。

981ケイマンS OS技研 LSD

981ケイマンS に OS技研LSDの取り付けです。

981ケイマンは、圧倒的にPDKの車が多いですがこの車は6MT 車です。

基本的な作りは、987時代から同じですが

いろいろ進化してますね。

981ケイマンは、ゲトラグ製 6速MTです。

作業的には、特殊な部類の車です。

ケイマンに限らず新しいポルシェは、MTの中身のパーツは一切供給がありません。

昔の車のように2速のシンクロがダメになってきたから交換しようと思ってもパーツの供給がないのでASSY交換となります。

よい車なのにどうして長く乗れるような部品供給をしないのか?

不思議です。

メーカー縛りばかりしても良い車は生まれないのでもっとオープンにすべきです。

元々トラクションがいいミッドシップのケイマンですがLSDを入れることでよりコーナーリング性能が良くなります。

今週納車です。