996カレラ MT OS技研LSD

996カレラ MT 用  LSD

996の場合 前期 後期 などでMTのタイプが違うので 装着できるLSDも現車合わせとなります。

今回は997ターボと 同じ物が適合。

サイドフランジがCクリップではなく ボルト止めでポッチが有るタイプです。

ただ、、そのままでは、装着できず

MT側も加工が必要です。

この部分の突起がLSDを入れると当たります。

こんな感じで削り取って装着。

今回は、MTが降りた状態なので作業も楽ですがこれ、、車上での作業だとかなり大変かと思います。

バックラッシュの調整。

ポルシェは、デフのサイドB/Gの中にシムが入るので調整も大変です。

今回は、3回目で 範囲内に入りました。

完成。

このMTを カレラ4Sに取り付けします。

以前2駆化した カレラ4S に カレラMT取り付け。

RRのポルシェも LSDは必修です。

LSDは、もちろんサーキットスペックです。

試運転して 終了です。

996 カレラMT  LSD

996カレラの LSD取り付け。

996は、 種類がありOSさんでも適合表がなし。

現物をみて判断ですね。

もともとトラクションがいいRRレイアウトのポルシェですが

LSDがないとやはりつまらないですね。

とりあえず 適合確認から始めます。

それにしても、、このサイドB/Gは、、抜きずらい、、、、、

プーラーじゃ抜けず、、、、奥の手で、、、、

LSDは、当然 サーキットスペックでオーダーです。

996カレラ4S メンテナンス

996カレラ4Sのメンテナンス。

996以降の水冷ポルシェは、エンジン基本メンテナンスはエンジン降ろしになりますね。

ウオーターポンプとサーモスタット

ブローバイ のオイルセパレーター

セルモーター

全てのパーツがエンジン脱着時でないとメンテナンスが悪いですね。

続いて

オイルレベルゲージと油温センサー

これも故障すると交換が大変なパーツです。

ちなみに、996ターボのお客さんがオイルレベルゲージ交換をディーラーさんで依頼したら

その見積もり額は、、、3桁万円だったと聞きますね。

それだけ大変という事です。

覚悟して乗りましょう。

オイルライン入り口のホース。

そしてクラッチ交換。

今回は、軽量FWのクラッチKIT

ノーマルのダブルマスが14K

交換の軽量FW

なんと5.5K、、、、、

大丈夫か???

これはエンジンレスポンス変わりますね。

まだまだ続きます。