996カレラ4S メンテナンス

996カレラ4Sのメンテナンス。

996以降の水冷ポルシェは、エンジン基本メンテナンスはエンジン降ろしになりますね。

ウオーターポンプとサーモスタット

ブローバイ のオイルセパレーター

セルモーター

全てのパーツがエンジン脱着時でないとメンテナンスが悪いですね。

続いて

オイルレベルゲージと油温センサー

これも故障すると交換が大変なパーツです。

ちなみに、996ターボのお客さんがオイルレベルゲージ交換をディーラーさんで依頼したら

その見積もり額は、、、3桁万円だったと聞きますね。

それだけ大変という事です。

覚悟して乗りましょう。

オイルライン入り口のホース。

そしてクラッチ交換。

今回は、軽量FWのクラッチKIT

ノーマルのダブルマスが14K

交換の軽量FW

なんと5.5K、、、、、

大丈夫か???

これはエンジンレスポンス変わりますね。

まだまだ続きます。

996カレラ4S

996カレラ4Sのメンテナンス。

オーナーさんの希望で2WDにして欲しいという

メンテナンス内容です。

4WDをわざわざ2WD

996ターボのサーキット仕様なら見た事ありますが

カレラ4Sでは初めてです。

ついでにエンジン降ろして各部も点検です。

フロントデフとペラシャフト脱着。

確かに軽量化にはなりますね。

頑張ってサーキット走ってもらいましょう。

996ターボとGTー1クランク

996ターボエンジン。
インテーク側にバリオカムを搭載しました。
ポルシェの可変バルブタイミングです。
インテークのカム山が3つの山からなります。
普段は、左右のカムがリフターを押しバルブを動かしていますが可変タイミングで真ん中のリフターが飛び出しそれを真ん中のカムがリフトさせるという複雑な作りです。
996ターボには、インマニのレゾナンスフラップは、ありません。
写真の用にブースト圧による抜け防止のステーになっています。
バリオカムとツインターボの組み合わせなので可変インマニなどは必要ないということです。
そして、GTー1クランクの特徴である
各シリンダーごとにピストンシリンダが分解出来ます。
空冷ポルシェがそうであるように
例え1気筒だけ不具合が出てもその気筒のみシリンダーを交換出来ます。
これが、普通のカレラと大きく違うところです。
996カレラやボクスターのエンジンは、1シリンダーがダメになった場合でもクランクケースASSY交換となります。
サーキット走行を考えた場合
どちらが有利なエンジンか???
考えれば分かります。
991GTー3がGTー1クランクをやめた後も991CUPカーは、GTー1クランクを使い続けた。
その理由は、サーキットを走る人へのポルシェの優しさではないでしょうか?
メンテナンスコストは、最低限に抑える。
空冷ポルシェが今でも人気であるのは
メンテナンス制が良いからです。
だからサーキットを本気で走る人が選ぶポルシェは、GTー1クランク搭載の
空冷ポルシェ全車種
水冷ならターボ   GTー3  GTー2  CUP
と言うことになります。
初期投資は、どの車も高いですが、
それなりの価値が必ずあります。
人気車種には、それなりの理由があると言うことです。