M64 ターボエンジン

ポルシェ M64エンジンの

エンジン組み。
ポルシェのエンジンは、国産車のエンジンに比べてバリは少ないのですが
それでもレースエンジンではないので
多少あります。
エンジンブロックやパーツのバリなんか別に取らなくても性能は変わりません。
だからメーカーも量産エンジンは流れ作業の組み付けなので機械加工されたままの状態がほとんどです。
じゃーどうして真面目なエンジン屋さんは、バリ取りするのか?
それは、バリの中にはそのうち粉となってエンジン内部に落ちてしまいそうなバリもあるからです。
あとは、自分が作業する過程でバリに手を引っ掛けて怪我をしたくない。
これ重要です。
私の師匠がよく言ってました。
客の為にやっているんじゃない。
自分が怪我しない為の仕事をしろと、、、
これエンジンの仕事だけではなく車の整備全般に言えます。
ちょっとしたステーをワンオフで作るときも素人は、ステーの角を切りっぱなし。
でもプロなら必ず切り端は、危なくないようにR加工します。
当たり前です。
そんなものに引っ掛けて怪我したくないからです。
だから、素人が触った車は触りたくない。
世の中には、素人みたいなプロもいっぱいいますからなんとも言えませんが、、、
話がそれてしまいました。
ヘッドの組み付けです。
ナプレックさんの強化バルブSPとクロモリリテーナー。
セット長合わせをして組み付けです。
クランクジャーナルも念のため計測。
腰下完成。
あとは、少し加工待ちです。

993 オイル交換

1年ほど前にエンジンOHした993カレラのオイル交換です。
993のオイル交換は、大変です。
特にエレメント交換が、、、
リヤタイヤを外しインナーフェンダーの中にオイルエレメントがありエンジン本体側のエレメントもオイルラインを外さないと交換できません。
通常のエンジンオイル交換サイクルよりも距離が伸びていたのでオイルの汚れを心配されていましたが全然問題ないレベルです。
クランクケースもすごく綺麗です。
オイルは、リキモリGTー1  10Wー60です。
エンジン室では、
エンジン組みの依頼がありパーツ点検中です。
あまり見せられませんが、
かなりのハイチューンエンジンになりそうです。
993GTー2  ピストンシリンダー
これを964エンジンに組みます。
少しずつ組み始めます。

慣らし運転

今日は、真夜中に90のセッティングをして昼から993カレラの納車前の慣らし運転です。

1日に同じ高速を2回も走っています。
慣らしは、北関東環状ルート。
250kmぐらい走りました。
天気が良く暑いのですが、
ティプトロでエアコン付きなので楽勝です。
週末納車です。