まだまだ仕事です。

お盆中ですが仕事ですよ

964ターボのエアコン修理。

定番の燃料タンク降ろしの大変なやつです。

エバポレーターは、こんな感じ、、、、

年期を感じますね。

タンクを戻してあとはリキッドタンクなども交換です。

ついでにR134にします。

こちらは、オイル交換の993カレラ

以前エンジンOHした車両です。

964ターボエンジン。

本体完成。

今回ファンとシュラウド エンジンカバーを

お客さん希望でガルフカラーに

こういう事が出来るのも空冷ポルシェの良いところ。

水冷は、エンジンルームほぼ見えないので絵になりません。

こんな感じのイメージです。

絵になりますね。

それではまた。

993ターボ 完成

ポルシェ993ターボのメンテナンス。

ブレーキホースもかなり劣化していたのでステンメッシュに交換。

MTマウントとフロントのデフマウントも交換です。

この辺りを変えると車がシャキッとしますね。

オイル類も全て交換です。

少し試運転をして完成です。

ツインターボなのでNAのように低速からトルクがあるので凄く乗り易いですね。

ただパワークラッチは軽すぎてクラッチを繋ぐタイミングに慣れが必要ですね。

特に重くてダイレクトなクラッチに慣れた人がこれに乗るとシフトupで回転が合いません。(笑)

完成です。

ポルシェ993ターボ

ポルシェ993ターボ

ツインターボという性質上メンテナンス性は非常に悪いですね。

とにかくエンジンルームに隙間なくびっしりです。

ディスビキャップ ローター

プラグコード コイル交換です。

993ターボはカレラと違いシングルプラグです。

本当はツインプラグにしたかっただろうな?

と思いますがスペース的に無理です。

流石のポルシェも妥協したのだと思います。

ウルトラブルーポイントのプラグコードですが

これは964ターボ3.6Lと同じ物ですが993ターボの場合そのままではつきません。

プラグコードの頭が大きすぎるのです。

こちらは容加工必要です。

おそらく永井電子さんもその事把握しないで販売されていると思います。

まさに机上論で作成されたパーツです。

普通につけたらこいつが入りません。

インタークーラーのホースです。

だから一般の方はこのプラグコードを買ってはいけません。

この辺りは加工して着くようにしました。

993ターボのプラグコード交換は大変です。

プロがやっても1日かかります。

色々な部分が知恵の和 状態ですので、、

コイルも交換です。

メンテナンスは、まだまだ続きます。

それでは