930 カレラ ハブB/G & アライメント

930カレラのハブB/G交換とアライメント作業。

途中で ステアリングラックブーツの破れを発見したのでこちらも交換。

ハブB/Gは、グリスがかなり汚れている状態です。

ハブB/Gレースは、コンロで温めて抜きます。

理想は、温めるとそのままB/Gレースが落ちてくること、、、

でも一度無理に交換されていたりすると中が傷ついているので少し叩かなければ落ちてきません。

ポルシェのホイールハブは、アルミ製。

だから無理に叩いてレースを抜くのはNG。

温めて自然に落ちてくるのが理想ですがそうでない場合も軽くたたく程度で抜けるまで温めないとハブ本体を痛めます。

ポルシェのホイールハブはびっくりするぐらい高いですよ。

くれぐれも素人は、自分で作業しないように、、、

必ず痛い目に会います。

ハブが汚いのでウエットブラストをかけました。

右が施工後、、、、

綺麗になりました。

ホイールが着いたらみえない部分ですが作業するにも綺麗でないといろいろ見えない部分があります。

整備の基本ですね。

ローターを着けて  ローターの振れを確認してアライメント。

右側は、OKですが左側は、少し問題ありですが走行後確認します。

ダミーホイールでアライメント。

ダミーホイールを使うとやはり精度がいいですね。

使い方には、かなりコツが必要ですが、、、慣れてくるともうこれ以外ありえない、、と思いますね。

ウチは、度分とmmを両方見れる設計にしています。

これが今のところ1番使いやすい。

テスト走行をして終了です。

911R 全長調整車高調 

うちの911R にSPRITの全長調整車高調です。

やっと来た。

930にはこれで3台目、、、

930の足は、フロントがスピンドルタイプ、、、

だからほとんどのメーカーでは設定がありません。

それが全長調整式となるとほぼないです。

この辺りはAE86に似てますね、、、

AE86乗りがポルシェに乗り換えた場合1番違和感なく乗れるのが930

私もその一人です。

最近の I phone は便利ね。

長さを画像で残せます。  

全長調整の場合どれぐらいカートリッジの長さがあるのかは重要です。

ベースデータからどれぐらいの調整幅があるのか? 常に確認が必要です。

今回ワンオフ作成してもらうのに こだわっ部分が多数、、、

まずはこちら、、、

930と964は、リヤの足回りがガーディングアームです。

ガーディングアームは、通称  スイングアームと呼ばれるぐらいすごく動きます。

本来はこの部分はゴムもしくはウレタンブッシュです。

この部分は、ジャッキUPから1G状態  そして ストローク量 まで計算すると 思っている以上に動きます。

だからこの部分をピロボールにしました。

ゴムブッシュの場合この部分が動き限界付近を過ぎるとゴムがねぎれるしかなくなります。

ねぎれることでテンションがかかり本来のショックの動きを妨げます。

だからピロボール仕様です。

もう一つ、、

930にナローポルシェ用のヒートエクスチェンジャーを付けた場合写真の部分のクリアランスがほとんどありません。

物によってはヒートエクスチェンジャーがショックと干渉します。

しかも着けたままでの車高調整ができないものがほとんどです。

それだと全長調整の意味がない、、、

だから写真のように 車高調整ブラケットの周り止めをショックの外径と同じに作成してもらいました。

これでそのままの状態でも車高調整が可能です。

ピントこない方は、自分で930の車高調を付けてみれば解ります。

ほとんどの車高調は、いちいちショックを外さないと車高調整できません。

特にナローヒートエクスチェンジャー付きの場合、、まともに着かないショックがほとんどです。

フロントは、こんな感じ  こちらもノーマルとは違いいろいろオフセットを変えてます。

装着後  コーナーウエィトをとって、、、アライメント

コーナーウエィトはボンド表示です。

ガソリン半分で1050Kぐらいです。 

ダミーホイールでのアライメント。

完成です。

ショックを変えてアライメントをきっちり取るとフロントのホイールが少し中に入りました。

10mmぐらいのスペーサーを入れれば良さそうです。

試乗

今までのショックは街乗りでの乗り心地が悪すぎて許せなかった、、、

でも今回は、バネレートはサーキット仕様ですが乗り心地に問題なし、、、

これなら普段乗りが出来ます。

とりあえず、、街乗りは合格点、、、

あとはサーキットに行ってどうか?  

早く梅雨が明けないですかね。

こいつでサーキットを走らせてみたい。

964ターボ 車検  930 納車

車検で預かり中の964ターボ

リヤハブが海外在庫だったので時間がかかっています。

やっときたので交換。

ポルシェのハブは 少しびっくりするくらい高価です。

でも こんな減り方見たことないですね。

経年劣化というより人災ですかね?

こちらは2JZ エンジン

90とアリストの配線を混ぜ合わせ。

ほぼ完成。

こちらは、ハイエースのデフケース。

4.5ファイナル用。

新品の仕込み中です。

930 は本日  北の大地に旅立って行きました。