IC修理と ブレーキロックLSDの話

先日のエビスの北コース

ストレート3発の練習をしていたら最後にミスって

見事にクラッシュ。

3速全開なのでかなりのスピード

この写真結構ましに見えますが

みんなでローダー のウインチなどで修正したあとです。

でも幸い 相手がPITのコンクリートウォールではなく反対側の赤土へ突っ込んだのでダメージは最小限です。

自走で帰れるレベル。

31日に大人の練習会があるのでお客さんを誘った手前行かないわけには行かないので

知り合いの鈑金屋さんにそのまま入庫。

最悪 カイエンで行くかな?

と思っていましたが鈑金屋さんが速攻で修理してくれて3日で治りました。

このクソ暑い中潰れたインタクーラーの修理。

割れたコーナーレンズとヘッドライトはヤフオクで速攻で落札して完成です。

さすが人気車両の国産車

あっという間にパーツは揃います。

ポルシェだとこうはいかないですね。

これで31日は走れます。

昨日のポルシェのABSトラブルの補足を少しします。

ポルシェ911でABSが壊れた場合殆どの場合はフロントロックします。

なぜならポルシェに限らずブレーキロックと言うのは車の駆動輪では起きにくいからです。

FF車ならリヤロック FR車なら フロントロック

RR車なら フロントロック

というふうに駆動輪でない方のタイヤがロックするのが普通です。

どうしてか?

これはLSDがきちんと動作しているサーキット車両の場合 本当に駆動輪がロックしたならエンジンが止まる事になります。

走行中にブレーキロックでエンジンが止まれば誰だってその事に気付くでしょう。

エンジンは普通に回っているのに白煙モウモウのロック、、、、これは間違いなく駆動輪ではないです。

ドリフトでサイドブレーキ引く場合クラッチ切りますよね?。

クラッチ切らないでサイドブレーキいくら引いてもリヤはロックしません。

だから、駆動輪がロックする事はLSDがきちんと効いていればまず起こりません。

逆の事を言えばLSDってそれだけ重要なパーツです。

よくABSを外してツインマスターなどにしている車は、リヤロックしているのを見かけます。

これってLSDの効きが弱いからリヤロックしているのです。

この場合リヤの片輪だけロックするのでエンジンは止まりません。

こういう場合はLSDの効きを強くして対処する事が可能です。

LSDってみんなコーナーを立ち上がる事だけの目的だと持っていますが最も重要なのはブレーキング時の効き方です。

これを考えればポルシェの964RSなどが減速側を100%設定にしているのが理解出来ますよね。

ブレーキロックに悩んでいる人はLSDの設定を見直してみれば車はかなりよい方向に行きますよ。

案外ほったらかしの人多いですが速い人みんなLSDのセッティングをきちんとやってます。

車のセッティングの話しでLSDがどうのこうの、、、などと話をする人はこの人車の事解ってるよなーって思いますね。

昨日の富士は

昨日の富士は、

激混みでした。

かなり早く着きましたが、すでにこんな感じ。

10年近く富士に来ていますが

平日でこんなに混んでいる富士は初めてです。

走行枠もNSー4は60台満員御礼でした。

とにかく、86とビッツだらけという感じです。

隣のピットの86のメカニックに聞くと

再来週がワンメイクフェスティバルとブランパンがあるのですが、走行枠が少ないので今日に集中したようです。

こんな車も来ていましたが

激混みコースと突然のウエットではテストにならないので

早々にに退散されてました。

午後からは、当日ライセンスを取得した

964ターボのお客さんも参加。

でも、不安定な天候で突然ウエットに

初 富士がウエット路面と言う残念な結果でしたが

無事走行終了です。

みんなで行くサーキットは楽しいですね。

また、次回ご一緒しましょう。

サーキット準備

11日は、お客さんと富士なので少しメンテナンスを、、、、、

タイヤも交換。

050から ARー1へ、、、

ポルシェでナンカン初めて使います。

あとは、色々テストしてみたい事があるので

楽しみです。

最近クレスタばかりなので964ターボ久しぶりです。

真夏なのでブーストは少し落として走ります。

それでは、、、、