10万キロ越えの車は要注意

今日は、ハイエースネタです。

随分前にOSのLSDを装着したハイエース。

今回、リヤからの異音が出るので点検して欲しいとの依頼。

他のところでハブベアリングは交換済みだとか。

となるとハイエースの場合、後はデフケースの中のベアリングしかありません。

走行距離14万キロ

LSD装着後 10万キロ。

デフケースを分解すると

ピニオンベアリングの小さい方がズタズタに

これ見るの2回目です。

通常どの車もデフケースの中は

写真 のように4つのベアリングが使われています。

ピニオンBG の大 と小

デフサイドBGの左右です。

これで4個。

ポルシェなんかのデフとMTが一体構造のMTの場合は、ピニオンシャフトがMTのサイドシャフトとなります。

10万キロを超えた車はこの辺りのメンテナンスも必要です。

ちなみにこれ今のレベルのディラーだと交換してくれません。

アッセンブリー交換になります。

そうすると必要もない純正オープンデフまで付いてきます。

そして社外パーツであるLSDなんかは当然組んでくれません。

次期ハイエース 300系は

ボンネットタイプ のFFになるようです。

それにより室内スペースが50cmは短くなります。

今後、衝突安全の理由から200系ハイエースのようなキャブオーバーの車両はメーカー側が販売できません。

だから、200系ハイエースを新車で買うなら今がラストチャンスです。

ウチのお客さんの職人さんもかなりの方がオーダーしています。

多分300系が販売されれば最終200系は、超プレミアム価格でオークションに出るでしょうね。

それこそ投機家が買い占めてオークション狙いというのがあると思います。

ハイエース買うなら今ですね。

964カレラ2 OS LSD UPデート

リベット号 964カレラ2のLSD 仕様変更です。

先日 筑波サーキットを走ると足が決まってきた分コーナー出口でリヤタイヤが空転する症状が、、、、

ポルシェでOSのスタンダードLSDを使う場合。

ある程度サーキットで乗れるようになるとこの症状が出ます。

もっとも解りやすいのが富士のヘヤピンの立ち上がり、、、、

300Rへと向かうこの区間はLSDの効きがもっとも露骨に現れます。

あとは、茂木の90度コーナー

ここもリヤのトラクションが抜けやすいです。

この車はかなり前にLSDを装着した為スタンダード仕様でした。

今現在は、装着する際に使用用途を聞き初めからハイスペック仕様で取り付けることも可能です。

このプレート枚数がOSのLSDの特徴です。

カム角度変更。

LSDを語るとき みんなイニシャルトルク何キロ?

などと言いますが、イニシャルトルクは例えば50kに設定しても1レース走れば通常の状態に落ちます。

1レース毎にLSDをOHする人やジムカーナなどの競技なら効果がありますが草レースなどで長く使う人にはオススメしません。

今回は、カム角度変更で対応します。

各部点検していたら

ブレーキパッドがもうないです。

外側から見ればあるのですが内側は、限界です。

当然交換します。

981ケイマンS OS技研 LSD

981ケイマンS に OS技研LSDの取り付けです。

981ケイマンは、圧倒的にPDKの車が多いですがこの車は6MT 車です。

基本的な作りは、987時代から同じですが

いろいろ進化してますね。

981ケイマンは、ゲトラグ製 6速MTです。

作業的には、特殊な部類の車です。

ケイマンに限らず新しいポルシェは、MTの中身のパーツは一切供給がありません。

昔の車のように2速のシンクロがダメになってきたから交換しようと思ってもパーツの供給がないのでASSY交換となります。

よい車なのにどうして長く乗れるような部品供給をしないのか?

不思議です。

メーカー縛りばかりしても良い車は生まれないのでもっとオープンにすべきです。

元々トラクションがいいミッドシップのケイマンですがLSDを入れることでよりコーナーリング性能が良くなります。

今週納車です。