ハイエースファイナルギヤ 選択方法

ハイエースファイナルギヤの話。

昔書いた記事の追加です。

これは、ハイエースだけではなくほかの車も同じです。

ハイエースのファイナルギヤは、同じ車種でもすごくいっぱいあります。

下から  3.5 3.7 3.9 4.1 4.3 .4.5 4.8  5.1

という具合です。

これらを車種ごとにいろいろ設定しています。

メーカーってすごいね。

ちなみに

ガソリンの2L ATが  5.1   MTが 4.8

ガソリンの2.7l  ATが 4.1

ディーゼルの 3L  ATが  4.3

などといろいろ車種ごとに違います。

現在は、4速AT から 6速AT に変わりました。

この数値は、写真のリングギヤの数をピニオンギヤの数で割れば計算できます。

割り算なので記載したようなぴったりな数値には、来ません。

例えば5.1なら正確には5.125です。

この数値は、車の駆動輪  ハイエースならFRなのでリヤ側のタイヤが1回転するのに
プロペラシャフトが回った回数です。

5.125ならタイヤが1回転回るのにプロペラシャフトが5.125週しています。

だから、自分の車のファイナルギヤを調べるには車載だとタイヤを1回転回した時のプロペラシャフトの回る回数でおおよそは、解ります。

3回転半   回れば  3.5

4回転と   2分の一 回れば  4.5  などという具合です。

これは、MTも同じです。

ヤフオクなどで訳のわからないMTを買ってきた場合、
メインシャフトを回してアウトプットの回転数でおおよそのギヤ比が解ります。

ウチでは、ハイエースにLSDを着けるときに、同時にファイナル交換が流行りです。

例えば、2L ATの 5.1の場合 MT用の4.8に交換します。

なぜ??こんな事をするのか?

それは、4.8にハイギヤー化することで高速走行のエンジン回転数を抑えることができ
燃費が良くなるからです。

100kmで 3000rpmで走っていたのが  2700rpmになればとうぜん燃費は、良くなります

これが案外バカに出来なくて  交換した人は、満タンで今までより100km多く走ったなどと好評です。

でも、不具合は、ないのか???

確かに、ハイギヤード化すれば発進の出足は、悪くなります。
でも、それはよーいドンして比べたらの話です。

普通に乗る分には、まったく分からないレベルです。

こちら ハイエースのファイナルギヤ比 一覧表。

ノーマルのタイヤ外形で エンジンが3000RPM回った時のTOPギヤの車速です。

6速ATと 4速ATの違い  また、、各ファイナルギヤの違いで車速が相当変わります。

自分のハイエースのファイナルギヤを調べて、、自分好みの車に持っていくことが可能です。

あとは、LSDの必要性。

LSDが入っていない車をジャッキUPしてエンジンを掛け、、、タイヤを回してみれば解ります。

LSDレスの車は、どちらか? 駆動しやすい側のタイヤしか回りません。

試しに回っているタイヤを足で止めると今まで回っていない方のタイヤが回ります。

要するにLSDがない車は、普通に走行しているときもどちらかトラクションを伝えやすい駆動でしか
走行していません。

だから、横風などを受けると車がフラフラします。

これは、トラクションが右 左  やっぱり  右  などという風に伝わるからです。

これを無くすのがLSDの役目です。

じゃーどうしてメーカーは、最初からすべての車にLSDを付けないの???

と思いますよね。

これにも、理由があります。

メーカーが販売する車は、老若男女 誰が乗っても快適でなければなりません。

LSDは、その性質上  独特の音が出たり、、小回りが利かなかったりします。

メーカーの車は、クレームが出てはいけない。

だから本当は、LSDを付ければ走行性能が良くなるのは、解っていてもある一部のスポーツカーを除いては付けられないのです。

これが現状です。

ポルシェ964

でいえば、、、ターボは、標準装備、、、でもNAは、オプション設定でした。

ポルシェ程のスポーツメーカーでもこんな感じです。

まあーー確かに、、LSDついてる車を何も知らない奥さんが乗ったらクレームが出ます。

自動車メーカーって大変だなーーーー

欠品していた

OS技研 ハイエース用 チャレンジSPC LSD 大量入荷しまいた。

今日は、ハイエースファイナルギヤのうんちくでした。

 

 

RWBボディ 930  OS LSD取り付け

RWBボディ 930

OS技研 LSD 取り付け。

G50 MTです。

前期 964カレラなどと同じ デフにスピードパルスが付くタイプです。

964後期からは、スピードパルスは、左フロントのABSからとなりました。

LSDは、スタンダードからサーキットでも使用可能な効き方を強めたチャレンジSPCです。

スタンダードだと、、、モテギの 90度で、、、、

トラクションがあるポルシェでも、、、前に、、、進みません。

デフのサイドシールと Oリングは、新品に交換です。

続いて前後のハブB/G交換。

リヤ側は、かなりのガタが出ています。

特殊工具で外します。

綺麗にして組み付けて完了。

フロント側、、、

フロント側は、テーパーB/G。

アルミハブなので 交換は、コツが必要です。

鉄とアルミの熱膨張を利用して抜きます。

また、、入れる時がさらに重要。

相手がアルミなので真っすぐ入れないと、、、大変なことに、、、なります。

振れを見て完了。

355mmローターと APレーシングの6POTキャリパー です。

ここまで完了。

あとは少し エンジンを含めた走行テストをして完了です。

RWBボディ 930

RWBボディの930カレラです。

NAエンジンで キャブ仕様の 930カレラ。

いいですね。

まずは、タペット調整から、、

ロッカーアームが1個 ねじ山不良です。

エンジン始動で少し、、違和感、、、

キャブ本体なのか?  点火系か?   1気筒死んでますね。

こちらは、少し、追及します。

ハイエースは、いつも通り、、、

今回は、三重からのお客さん。

珍しい5Fミッションのハイエースです。

OS技研 スーパーロックLSD チャレンジSPC。

いつも通りです。

新しいステッカーが出来上がりました。

欲しい人は 、お声がけを、、、

今年は、忙しすぎて、、まだ、、一度もサーキットに行っていません。

964GTのテストをしたいのですが、、、、

梅雨に入ってしまいました。

秋まで、、我慢ですかね、、、、、

メカニック募集中  詳細はメールにて、、、