カレ2 ターボ ヒートエクスチェンジャー

964カレ2 ターボ

ヒーター用のヒートエクスチェンジャー

作成です。

手曲げのタコ足作りました。

でもヒーター効きません、、じゃ論外ですので

こちらはいつものように分割式で作成です。

分割式でないともしタコ足が中で割れた場合修理不能です。

海外製のタコ足のほとんどは溶接されていますので修理不能ですね。

インタークーラーも作成し始めました。

こちらは、EX関連が終われば本格的に作り始めます。

こちらは、リヤの牽引フック。

BIGタービンにするとインナーバンパーが付かなくなるのでノーマルの牽引フックを付けるには加工が必要です。

3.2エンジンも完成しました。

EXマニはナロータイプです。

あとは、6スロ待ちですね。

それでは

3.2エンジン組み ウエットブラスト

3.2エンジン組んでます。

使用するカムは、やはりノーマルでは我慢できないんで加工カム。

その昔964のお客さんに組もうと思ったのですが少し削り過ぎたカムです。

こちらは車検のAW11 MRー2

4年間放置だとクラッチもこの有様。

ヘッドライトもASSY交換。

ほぼレストアですね。

でもカーセンサー見ると高い車は300万越えだとか?

ありえないですねーーー

こちらは964カレ2ターボのインタークーラー

マフラー作業が終われは一気に仕上げます。

3.2エンジンはウエットブラスト加工。

使用前 使用後です。

ファンとハウジングも、、、

さーて何色に塗るか?

塗装屋さんと相談中。

エンジンルームは派手にしたいのでマジョーラですかね。

そしてこいつ、、、、

あのカムだとやはり6スロでないとアイドリングしません。

でも色々パーツが足りません。

まずはパーツの手配からですね。

それでは、、、、

964ターボ エンジンOH カレ2 ターボ タコ足作成

北海道からの964ターボ

点検しながらエンジン降ろし作業です。

フロントのオイルクーラー部分。

かなりオイル漏れが見受けられますね。

これは要ホース交換です。

エンジンを降ろして各部点検。

クラッチは大丈夫そうですが

どのみちツインプレートに変更ですね。

エンジンマウントはいつものように液状マウントがダメになり垂れ下がっています。

こちらはリジッドに交換ですかね。

ここからはエンジン室で作業です。

エキマニは、クラックが入っています。

またこのウエストゲートへのレイアウトだとブーストが落ちません。

OBXのタコ足と同じような作りですね。

タービンは、EXの羽が溶けています。

こちらも要相談ですね。

今日はここまでです。

こちらはカレ2ターボ

タコ足がほぼ出来上がりました。

後はマフラーとウエストゲート。

そしてインタークーラー

セトラブ製を使います。

エアコン ヒーター付きなのでどうしてもサイズ的に制約が出てしまいます。

サーキットを走る訳ではないのでこの大きさです十分かと、、、、

街乗り仕様は、ある程度の妥協が必要ですね。

だから、より性能の良いセトラブコアで作成します。

それではまた更新します。