リベット号 アライメント 964T ハブ  BG交換

アイドラーズのレースが近いのでリベット号のアライメント。

今回からダミーホイールでアライメント。

1年近くアライメントを取っていないのでかなりずれていますね。

点検してるとフロントショックの全長調整部分のネジが緩んでいます。

リベット号のショックはエンドレス製。

エンドレスの車高調は左側が逆ネジ形状。

これは緩み防止の処理ですがそれでもやはり緩みますね。

この辺りはスピリット のネジの底がテーパー形状の物が緩まなくて最強だと思いますね。

この辺りは色々使ってみないとわかりませんね。

アライメント完了で試運転していると

アクセルペダルが変?

調べると、、、

アクセルリンケージのブッシュが粉々に、、、

LINKのデータロガーで確かめると

6月のアイドラーズの決勝レースですでに全開にしてもアクセル開度  80% でした。

決勝は雨だったので、、、結果オーライでした。

今回  レース前に発見出来て良かったです。

こちらは、 964TのハブBG交換作業。

可変音量マフラーにして試運転すると、、、

リヤから かなりの異音が、、、、

ハブガタは出ていないのですが

ハブガタが出てから気づいたら手遅れの場合が多いです。

もう販売から30年選手、、、問題なくても交換して良い時期かと思います。

964TのハブBGはホイールハブを抜くと必ずハブ側にBGレースが残ります。

年式によってはプーラーをかけるサービスホールがあるのですがないものがほとんどです。

こう言う場合はレース部分に溶接で工具の係しろを作ります。

そしてプレスで抜きます。

乱暴にサンダーで切っている方おられますが

ハブが傷つくのでNGですよ。

外したハブBG。

BG部分はゴロゴロですね。

昔は、リヤハブBG交換はガーディングアームを外してプレスで抜いていましたが

現在は特殊工具を使って組み替えしています。

今までは

ガーディングアームを外すとアライメントまで取らなければならないので時間も工賃も大変でしたが特殊工具が有れば 工賃も時間も短縮出来ますね。

ただ、、、930 ターボのリヤのハブBG交換は、、、

やりたくないですね。

こちらはさらに、、、特殊です。

そして部品代も高い、、、、

時代を超えたスーパーカーなので仕方ないですね。

なんじゃこりゃー

964 カレラのクラッチ。

クラッチペダルパーツがきたので取り付け。

ブッシュ類は全て交換。

問題はこのパーツ。

こんな感じで砕けてました。

しかもバネは無し、、、、?

本当はこういう風に着きます。

そしてこのバネがパワークラッチの役目をしてクラッチの作動を軽くします。

このカレラは購入された時からこのパーツが付いていなかった。

たぶん、、、、

10年以上このままでよく乗ったものだ、、、、

中古車って怖い、、、

クラッチは997GTー3RSより重かった。

パーツをつけて。

これでさぞかしクラッチが軽くなるだろうと期待して踏むと、、、、

踏むたびにクラッチの止まる位置が違う。

何か?  変?

何回か踏むと、、、、

なんじゃこりゃー  (松田優作  です。)古い

クラッチペダルが折れた。

根元から、、、

どうやら10年分の金属疲労が今現れた。

走行中でなくてよかった。

ということでまたパーツ待ち。

やれやれです。

Mさん 964ターボ エンジン本体完成

Mさん 964ターボ

ロッカーアーム

カムカバーなどは汚れが酷すぎるので

ウェットブラスト処理。

綺麗になりました。

今回使用のカムは993スーパースポーツ

街乗りメインの方にはいいですね。

バルタイ

最近はバルタイにかかる時間は30分以内。

昔は色々試行錯誤で半日ぐらいやってましたね。

エンジン本体完成。

あとは補機類

こちらが大変です。

こちらは車検終わりの964ターボ 。

色々元に戻して、、、、

持ち込み車検は色々大変なんです。

964ターボ でそのままで車検に通る車、、、

ほとんどありませんね。

持ち込みの場合フルノーマルでも無理です。

色々ワザが必要です。

こちらは964 カレ4のペダル

ブッシュ類が全て砕けて

付いているはずの物も付いていない??

全て分解してOHですが

パーツが全て本国オーダー

最近パーツ待ちの車両が多すぎて作業が進みません。

どれも25年選手の車ばかりですから仕方ないですね。