930 あるある。

年末に慣らしの為に一旦納車した

ポルシェ930 ターボ。

2000km程度走ったところでMTのバックギヤが入らなくなる症状。

本当は、納車前に解っていたのですが年末だったのでパーツが入手出来ず2000kmぐらいは持つだろうと、、、、

シフトリンケージのブッシュのトラブル。

930では誰もが一度は起きるトラブルですね。

シフトリンケージを支えるパーツは全部で3個。

そして案外盲点なのがここ、、、、

この車両は、3点とも  アウトです。

最後の部分のリンケージブッシュは今回

海外で真鍮製があったのでこれに交換。

他の2個は物理的に真鍮製に出来ないので仕方ないですね。

通常のリペアパーツはウレタン製ですが

ウレタンだとやはり5年ぐらいの寿命ですかね。

でも真鍮製だとほぼ通常使用だと半永久的に大丈夫です。

海外製なのでボルトオンではなく小加工が必要ですがなかなか良く出来ています。

964ターボ のリンケージにも応答出来そうですので今度使ってみますかね。

あとはウインカースイッチも不具合があるので交換。

これライトスイッチの配線ですがカプラーではなく全て平ギボシです。

適当に外すとどこにでも取り付け出来るという恐ろしい作りです。

このあたりも今時の車じゃ見かけない立派な旧車ですね。

よくある

930 あるあるでした。

930ターボ エンジン組み キャラバンLSD

930 ターボのエンジン組み。

コンロッド組み付けからピストンまで

気温が低いので洗いも大変です。

とりあえずピストンまで完成。

今年は年始恒例のオートサロンがないのでなんだか仕事始めの感じがしないですね。

埼玉県は緊急事態宣言も発動されまたコロナとの戦いですね。

工場の中は早くもキャパオーバーの台数になっています。

1月分の仕事はもう打ち止めという感じです。

キャラバンMV350のLSD取り付けも、、、

キャラバンMV350はディーゼルとガソリンでデフのスプラインが違います。

これはディーゼル用です。

日産車はデフのサイドBGのハメシロがキツいのでBGを外すのが大変。

でもリングギヤのハメシロは緩いですね。

トヨタはこの逆です。

各メーカーごとに微妙な違いがありますね。

仕事納め  

チャレンジレーシングは今日で仕事納めです。

新年は1/8 からとなります。

今日は少し事務所の掃除とカイエンのオイル交換。

3000kmもしくは6ヶ月   どちらか早い方で行っていますが最近サーキットに行く事が多いのですぐに3000kmですね。

もう 10万キロ 突破ですが大きなトラブルはないですね。日頃のメンテナンスがやはり重要です。

エンジンオイルはリキモリ GTー1 10wー60です。

事務所のカレンダーも張り替えです。

今年のポルシェカレンダー。

1月がなんと マルティニ RSRです。

うちのマルティニRSRも来年には走らせたい。

やっぱりもう一度サーキットをこいつで走りたいね。

そして今日は930 ターボの納車です。

4年間の眠りから覚めたターボです。

オーナーさんが正月中に2000km走るそうです。

工場の中はもう、、、来年の車達が、、、

RUF BTRです。

こちらも長い間 眠ったままです。

エンジンOHと   MT OH その他もろもろの予定です。

964ターボ は ブレーキブースターのトラブルで入庫。

930 ターボエンジンも年始早々に組み込みします。

こちらはハイエースとキャラバンのLSD 来年分。

1月の予約はほぼ詰まりました。

来年も忙しそうですが

本当にありがたい事ですね。

選んでいただいているうちが花です。

工場の隣の神社で早い初詣もしました。

来年もよろしくお願いします。

それでは良いお年をお迎えください。