930ターボに997ミラー、、、?

今年のポルシェはここからスタート、、、

なんと!、、930ターボに997のミラーを装着しました。

もちろん普通には着きませんのでベースプレートを作りました。

997ミラー 1997ミラー 2

スタイルの良い悪いは個人の好みの部分が大半を占めますが、997のミラーはこんなにでかいのにめちゃくちゃ軽い!

どうしてこんなに軽いのか!

それはなんといってもアルミダイキャスト製です。

アルミに亜鉛を混ぜて作り出されるこの技術、寸法精度が非常に良く、肉薄の製品を作ることができます。

また、大量生産に非常に向いている。

コスト削減でも最高の製品を目指すポルシェがもちいない訳がない技術です。

サイドミラーは後ろを映し出す為のもの、、、

良く見えるに越したことはない、、、

昔、86にF3000の本物のドライカーボンのミラーを付けていたことがありました。

ミラー自体が1対1の鏡の為、、、すごく後方にいる車がすぐそこにいるような錯覚を覚え非常に乗りにくかった、、、

それからミラーには気を使っています。

ちなみに私のミッションカートは自転車用のミラーを加工して付けています。

これが結構いいんです。

人気ブログランキング
あなたのクリックが明日へのパワーに!

第1回のメルマガは1月10日(月)に配信予定です。
我ながら面白い内容ですので、ぜひご購読を、、まだ間に合いますよ!
もちろん無料です。

GT-Rも17年落ちのクルマ!

スカイラインR32 GT-Rが発売されたのは、平成元年のことだった、、

バブル景気に沸く、日本の真っ只中でした。

あれからもう早 17年、、、、、

GT-Rも立派な旧車です。

GT-R 1
先日、GT-RのブレーキマスターのO/Hをしました。

当たり前のようにオイル漏れする車が普通になったのは、やはりこのクルマが歳を取ったからでしょう。

デビュー当時のあの衝撃は、本当にすごかった!

国産で初めてノーマルブロックでポルシェと戦える車が登場したと世のチューナーはみんなこの車に夢中になった。

あれからもう17年、、、、、

生まれた子供も高校生になる年月です。

普通に販売されているパーツを組み合わせるだけで誰でも600PSは可能なチューンドエンジンはRB26DETTをおいて他にはない!

まさに、チューニングカーと言う言葉が1番似合う車です。

唯一残念なのは、オーナーに大事に乗られなかった車が多い。

クルマはメンテをしないとただのゴミになる、、、、、

世界最強のチューンドカーもメンテなしではサーキットを1周もできない!

クルマは人間が作り出した最高のおもちゃ!であり最高のパートナー、、、、

くれぐれもただのゴミにして欲しくない、、、、

人気ブログランキング
あなたのクリックが明日へのパワーに、、、、
ランキング参加中です。

NSXの後継エンジンはV10!

NSXの後継車の話題が今日の新聞に載っていました。

まだ、そのエンジンがV10としか載っていませんが、、、、

V10結構なことじゃない!

やっと国産車にもV8以上のスポーツカーが登場する。

これは、画期的なことです。

ホンダなら当然NAで作ってくるでしょう、、

国産でまともなNAはホンダ以外に無い!

2輪のノウハウをいかしたホンダのポート形状やエンジンの作りは世界と戦える唯一の国産エンジンです。

それがV10でNSXに搭載される!、、、、

V10だともちろん縦置きでしょう!

これは相当期待できる!

流行のカーボンモノコックとまではいわないにしてもでひ私たちの手の届く価格で最高のクルマを、、、、と期待せずにいれません。

打倒!エンツォ! カレラGT! マクラーレンSLR!

日本の団魂世代が本当の最後に送り出すこの車が素晴らしいものでありますように!

でひ日本の技術を世界に見せつけて欲しい!

人気ブログランキング
あなたのクリックが明日へのパワーに!
ランキング参加中です。