964ターボ エンジン全バラ 

デモ車の 964ターボ  エンジン。

作成は、ほぼ10年前、、、

走行距離は、1万キロのエンジンですが、そのすべてがサーキットの全開走行です。

かなりパワー感が無くなっていたと感じていたのですが分解すると。

拍子抜けするぐらい、、悪いところがない、

メタル類は、こんな感じ

コンロッドも、、、

ピストンシリンダー問題なし。

ヘッドもEXのバルブに多少のガタがありますが再使用可能レベル。

唯一 2番のロッカーアームのブッシュがダメなぐらいで他はすべて再使用できそうです。

サーキット走行 毎に 毎回オイル交換。

1万キロの間に 何回オイル交換したか?

当たり前のことが1番重要ですね。

この車、テスト車両なので 当然通常よりも過酷な使い方をしてきましたので問題なくて何よりです。

電スロ化に向けて何かするか?

このまま普通に組むか? 

時間が出来たら考えますかね。

964ターボ 電スロ化 へ

去年時間があるときにやろうと思っていたのですが結局時間がなく

今年になってしましました。

ウチの デモ車の 964TのエンジンOH  と それに伴い

スロットルを電子スロットルにします。

この車のエンジンの作成は、 10年前。

そして10年間 サーキット走行のみしかしていないエンジンです。

去年あたりに 少しエンジンのパワー不足を感じ そろそろOHかな、、という感じです。

OSツインプレートの クラッチ。

10年間 サーキット走行 しましたが まだ、、使えそうですね。

今回は、カバープレートは、ハードにします。

今まではミディアムでした。

空冷ポルシェでの 電子スロットルの利点、、、

数え上げればきりがないですね。

ひと昔前は、電スロは、、、バカスロ、、と呼ばれていた時代がありますが

今は、ハードウェアの進歩と共に、、、

新車で電スロでない車を探す方が難しいです。

そして、チューニング業界のフルコンのレベルUPが凄いのでこの先電スロを選ばないという選択枠は、ほぼないかな? と思います。

MOTEC LINK ハルテック   、、、 どれもが素晴らしい電スロ制御ができるフルコンへと進化した今 

もう、、ワイヤースロットル使う意味がなくなったかな、、、と思います。

電スロを使うことで、、、アクセルとスロットル間のワイヤーが無くなります。

今まで、、アイドリングをコントロールさせていたアイドルコントロールバルブが無くなります。

そして、、新しく出来ることは、、、

アンチラグ、、、、(ミスファイアリング) アクセルオフでも意図的にスロットルを空けてエキマニを燃焼室にしてタービンを回す、、、ということが出来ます。

オートクリッピング   空冷ポルシェのスロットルは、慣れないと本当にヒールアンドトー がやりづらい、、、 でも、電スロでクラッチペダルセンサーを着ければ今のフルコンだとオートクリッピングが出来ます。

もう、、ブレーキを踏んで クラッチを切れば回転は、自動で合わせてくれる。

あとは、、高速道路などでのオートクルーズ 。

今後 ウチの964T は、電スロ化して タイムアタック車両へと生まれ変わります。

電スロの制御に関しましては去年1年 LINKフルコンを

90クレスタ(2JZエンジン 電スロ制御)でいろいろ勉強しましたのでそのノウハウを活用します。

あとは、、エンジンをどうするか?

現状のエンジンを開けてみて考えます。

964ターボ MT  OH

964ターボの MT OH

これが砕けた3速ギヤの新品。

まあーー可愛くない金額ですね。

MT OHは、エンジンOHと違い部品加工がないので部品さえ揃えば早いですね。

12月は毎年 忙しいですが、、今年は特に忙しいですね。

ウチのトレーラーも2回目の車検。

もう4年目ということですね、、、

早いです。

こちら OSのハイエース用 LSD  がたくさん入庫。

これは、もう、来年分ですね。

964ターボ MTも完成です。

あと、、3週間 頑張りましょう。