964ターボから 930ターボへ

964ターボ リミテッド。

最後の仕上げにエアコンのフラップモーター交換。

今はもう1個 7万円近くするのね。

でも部品が出るだけ良しとしましょう。

これで運転席はヒーター助手席はエアコンというジレンマから解放されます。

少し慣らし運転で北関東1周 250km

いい感じですね。

今週納車です。

続いて 沖縄からの930ターボ

ボルト類を綺麗にしてクロメート処理の準備。

ファンは色塗りの準備。

今日からクランクケースの洗浄を始めました。

エンジンが加工から上がってくる前に腰下は終了させないと。

かなり汚れていましたがなんとか綺麗になりました。

964ターボリミテッド 慣らし運転

964ターボリミテッド エンジン完成で

アライメント

エンドレスの車高調でショートストロークなので

純正のショックと比べてジャッキup時の足のタレも写真のように最小限です。

ノーマルホイール ノーマルオフセットの為

車高が下がるともう少しホールを外に出したくなりますね。

この車のナンバーは2桁。

最近、昔乗っていた964をカズ(三浦知良)さんが再購入されたと話題の記事がネット上に上がっていますが、、、、、

あれは、964カレラです。

964カレラの新車は、その当時1000万近くしましたね。

さすがカズ、、、、という感じですかね。

でもこちらはターボです。

しかも、最終のターボリミテッドです。

その当時、この車を新車購入できた方は一流サッカー選手以上ということですかね。

ガソリン満タンにして少し試乗。

少し試乗すると温まるとエンジンの再始動が悪い事が発覚です。

こちらは、フューエルアキュームレーターの不良です。

こちらも要交換ですね。

後は、少しリヤのハブベアリングの音が大きく感じます。

古い車ですので色々補機類の不具合は発生しますね。

それらを治しながら車を楽しむ、、、、

それが今の車にはない魅力でもありますね。

964ターボ リミテッドエンジン始動

エンジンを載せる前に、足回りを取り付け。

今回は、エンドレスのジールでかなり街乗りベースに設定しました。

乗り心地重視です。

リヤサスペンションは、エンジンが降りている状態の方が簡単に取り付けできます。

エバポレーターを取り付けてフラップの作動点検ですが

右側の温度切り替えのフラップが動いていません。

964は、エアコンのフラップを5つのモーターで動かしています。

写真のように左右の外気温

デフロスター

フロアー

内外切り替えです。

このモーターが1個 5万ぐらいします。

5個変えたら、、、、、高額ですね。

エンジンを載せて。

AF系とEVCなどの配線処理を終わらせて

無事エンジン始動です。

l