964 3.6ターボ フルコン化 964カレラ2ターボ

964ターボ 3.6

2-3年前にウチでエンジンOHした車です。

今回は、K JETROの調子がいまいちなので

LINKフルコン化です。

3.6ターボ いいですね。

964モデルの中では1番好きな車ですね。

まずは、調子の悪い原因を調査。

AF計をつけて色々点検。

エンジン本体は問題無さそうです。

フルコンとスピリットの街乗りスペシャルのサスKITと OSのLSDも取り付けます。

こちらは、964カレラ2ターボ

インマニを後期の樹脂タイプから前期のアルミタイプに変更。

ターボの場合 やはり樹脂サージタンクは抵抗ありますね。

真ん中のスロットル部分は後期を使用。

ここは後期でないとダメですね。

ダイレクトコイルなど色々取り付けるのでその為のアダプターを溶接。

まだまだやる事がいっぱいです。

こちらは、先日のアイドラースを終えた930ナロー

モテギでブレーキローターが終わりました。

次の筑波までにメンテナンスです。

もうすぐ10連休ですね。

ウチは、基本やっていますがデモ車のメンテナンスを時間かけてやるつもりですので

こんな時にしか出来ない事を時間かけて色々やろうかと思います。

飛び込みのオイル交換などは不可となります。

時間も不定期となりますので遊びに来られる方は連絡後お願いします。

それでは。

964カレラ2ターボ エンジン組

964カレラ2ターボ

まずは、圧縮測定です。

今は、こう言う計算ソフトがネットにあるから楽ですね。

圧縮比 8.2

狙い通りの

いい感じですね。

カムシャフトはCTRカム。

ウチでは定番です。

インハイ 20/50

まさにチューニングカムですね。

これクーパーリング。

こいつがシリンダーのGKとなります。

溝と溝の中に入りますのでシリンダーが解けない限りGK抜けはまず皆無です。

バルタイを取って主要部分は完成です。

デモ車の964ターボ に

RSのボンネットピンを

こういうものは純正品がやはりいいですね。

国内在庫2個だったので

2個とも仕入れました。

今までつい縦棒を使っていましたが

なんかダサく思えてしまい

もっとスマートならないものかと思いこれにしました。

あと1個在庫有りです。

付けたい人は早めにどうぞ。

964ターボ 3.6 完成 3.3との違いは、、、、

ポルシェ964ターボ 3.6L 完成。

ブレーキブースターも無事蘇りました。

この3.6Lターボは、内の964GTと兄弟車です。

共にエンジンはフルチューンでタービンはT88

インタークーラーの作りも同じ。

乗り比べると、、、、、

3.6ターボの凄さに驚かされます。

違いは排気量のみ。

この300ccの違いがフルチューンターボだと全く違います。

単純にタービンの立ち上がり回転が1000rpm違います。

3.3ターボが3500rpmからやっとブーストが立ち上がりますが3.6ターボだと 2500rpm。

この1000rpmの違いはサーキットだと大きすぎます。

ウチの964ターボ の富士ベストタイムは

1分49秒。 9月ぐらいの熱い次期での記録です。

この車の富士の弱点がダンロップコーナー

ここでどうしても2速3500rpm以下に回転が落ちてしまいます。

落ちたブーストは次のコーナー抜けるまで立ち上がらない。

しかも1速には落とせない。

ここがどうしても遅いのです。

でもこの3.6ターボだと多分普通に立ち上がっていけます。

最高速も ウチのターボは 280km

でも、このターボなら 290km以上は可能なはず。

そう考えれば富士を47秒台では走れそうです。

たかが300cc されど300cc です。

中型バイク1台分の排気量がサーキットだとこれだけの違いとなります。

今日の工場は、3台のターボが珍しく揃いました。

ブーストUP最速の白ターボ

T88 3.3ターボ T88 3.6ターボです。

ぜひ機会があればこの3台を同じ場所同じ条件で

走らせて見たいですね。

出来ればタイヤなど同じ銘柄同じサイズで、、、

どれが一番速い???

兄弟車の身内バトル、、、、、

いつの日か? 叶えたいですね。

それでは。