964カレラ2   エンジン不調

エンジン不調で預かり中の964カレラ

燃料ポンプを確認すると凄いことになっています。

燃料ホースが膨らんで破裂しています。

原因を探ると、、、、

タンク内のガソリンが腐り

配管の脇にこびりつき。

人間でいう尿道結石状態です。

燃料ゲージ   ホース類   燃料フィルター

タンクフィルターを変えて

配管類も清掃。

きちんと燃料が流れるようになりました。

エンジン不調の原因は、燃料の流れ方が一定ではなく詰まった時に燃圧が高くなり また元に戻っての繰り返しをしていたようです。

あとは、シフトロッドブッシュ、、、

粉々です。

964カレラ    

もう立派な旧車ですので

オーナーさんは、今まで以上の定期メンテナンスをお願いします。

964 カレラ2 LINK OBD2 続き

964カレラ2   LINK   stormフルコンで
OBD2  カプラーの作製です。
汎用カプラーを使い
こんな感じに取り付けです。
早速、使わなくなった
iphone 5プラスでテスト。
これな感じで負圧  油温   吸気温などが
見れます。
こちらは、86メーター風。
こちらは、レースパック風です。
レースパック風は温度表示が華氏なので却下です。
こんな風に遊べてなかなか面白いです。
最後は、本物のOBD2診断機
オーテルマキシスでも見れるのか?
チェック。
当然ですが、見れます。
動画
こんな感じで動きます。
ただ、OBD2からwifi経由でIPhone へ
経由されるのでレスポンスは良くないのでタコメーターなどには不向きです。
あくまで、油温  水温  吸気温などの動きが少ないセンサーを見るには良いかもです。
最近のフルコンは、昔の物とは違い色々進化しています。
フルコンも第2世代へ突入といった感じです。
旧車オーナーには、喜ばしい事ですね。

964 カレラ2 ②




LINK  のオイルセンサーのキャリブレーション。
ボッシュ製ですのでスタンダード設定ですが、
高温では、若干のずれがあるのですが
極端なずれはありませんでした。
と言うことは、
本当に油温が150度になった???
と言う事です。
その原因は、こいつでした。
オイルクーラーのサーモスタット
試しに車をアイドリングさせると
油温がどんどん上がります。
通常は、LINK  で油温90度で電動ファンを回す設定にしていますが電動ファンは回るのですが、肝心のオイルは回ってこない。
サーモスタットは固着していて
本体を外さないと分解不能でした。
試しに、バーナーで炙って見ましたが
反応無し。
新品に交換です。
データロガーだとサーキットの1本目は大丈夫で2本目で動かなくなった感じです。
怖いですね~~
これ筑波1000じゃなくて富士だったら
完全にエンジンブローです。
フルコンの回転リミッターが働いたからドライバーが走行を辞めた。
もし、リミッターがないノーマルECUだったらアウトです。
今回の件で、思いました。
ECUのエンジン保護設定は、少しきつめに設定した方が良いと。
今回みたいなまさかの事態は、
サーキットだとドライバーは、気付けません。
レースだと尚更です。
エンジンを壊すより
車を走れなくすることの方が重要です。
それが、今のフルコンには、出来ますからね。