ポルシェ930 ターボ エンジン分解完了。 その先へ、、

ポルシェ930ターボエンジン。

圧縮が低かった1番シリンダーは、、、

ピストンが溶けています。

間違いなくデトネーションですね。

こちらが正常なピストン。

1番シリンダー

これだと当然、、圧縮は低いですね。

ただ、街乗り程度だと普通に走ってしまう。

これがポルシェエンジンの怖いところですね。

こちらは、5番シリンダーのヘッドボルト、、、

折れていますね。

ピストンは、、、、

当然、、、リングが折れています。

そして、、コンロッドメタルも、、、

回っています。

ただ、、これは症状が浅く、、、

クランクまでは届いていませんでした、、、良かった。

コンロッドも、、、別のメタルを着けて測定も、、、OKです。

さーて、、

問題はこの先、、どうするか?  です。

このエンジンをOHしてフルコン制御で蘇らせるには、、、、

中古車、、だと、、かなり、、いい車が買える金額となります。

ベンツなら普通に AMGが、、、BMだと、、Mシリーズが、、

ポルシェなら、、996 997 の素のカレラなら、、、買えますね。

そこまでして、、、この930ターボを蘇らせる意味があるのか?

そこはもう、、、オーナーさんの判断でしかありません。

私たちチューナーの立ち入る領域ではありません。

お客さんは、、散々 悩まれた、末、、、、

蘇らせることを選ばれました。

ポルシェ930ターボは、スーパーカー世代の人間だと誰もが憧れた車です。

それは、21世紀になった今でも、、色褪せない魅力的な車だと思います。

最近の車は、家電と同じで、、どれだけ高性能な車を買っても、、10年後には、、その価値は

ほとんどありません。

でも、ポルシェ930ターボが、、これから10年経過したとき、、その価値は、、、、、

きちんと整備して調子よく乗っていれば、、、今よりもさらに、、びっくりするぐらいの価値になっているかもしれません。

オーナーさんは、そちらを選択されました。

だから私もこの930を全力で蘇らせます。

この先も空冷ポルシェターボが 走り続けられるように、、、

930ターボ エンジン分解

フルコン作業で預かり中の930ターボ 。

エンジンの中身が怪しいのでオーナーさんの了解を得てエンジン分解。

HKSのVプロでフルコン化されたエンジン。

それにしてもホースの数が多すぎ、、、

エンジンハーネスもぐちゃぐちゃですね。

ポルシェを動かすエンジンハーネス、、、

こんなに要らないですね。

インマニは、、、、

インマニ部分にスロットルを溶接???

ターボのマニホールド、、、確かマグのはずですが、、、

溶接、、、できるんだ、、、

このマニホールドは、当然使えません。

ある時期、、定番だった日産クラセン、、、

私、、これ嫌いなので使いません。

しかも、、ガタガタです。

マフラーやタービンを外して

オルタネーターは、、、

ガタが出たのか?、、、溶接されています。

この部分を、、溶接??

もはや、、意味不明です。

こちらも交換ですね。

あとはエンジンの中身、、、

こちらが肝心ですね。

慣らし運転中の 2台。

964ターボは、エアコンの調子が悪く、、、夜でなければ慣らし出来ません。

2台まとめてだと、、、流石に、、キツイですね。

930 ターボ  フルコン作業

4年ほど  放置された930 ターボ。

話を聞いていると色々手直しが必要なので

まずはエンジン降ろし

オイル漏れもかなり進んでいます。

車は動かさないとすぐに劣化が始まります。

半年動かさないならジャッキupしてオイル類ガソリンなどを全て抜いておかないと劣化が進みます。

4年だと ガソリンは腐り。オイルは劣化してゴム類を腐食します。

当然 電気周りも怪しいですね。

この車は 、GTーRのハーネスを使い

HKSのVプロでフルコン化された車両。

なんだかつい最近も同じような仕様の964ターボ を見た気がする。

VプロからLINKフルコンへの変更が本来の目的ですが、、、

まずはエンジンの状態をみないと怖くて走れません。

Vプロです。

これもどこかでみた感じです。

スロットルは、、、、

これだと小さすぎですね。

配管が張り巡らされたエンジンルーム。

とりあえずエンジン降ろて全て撤去です。

コンプレッションを測ると、、、

1番だけ、、低いですね。

あとはオーナーさんといろいろ相談ですね。