セッティング&メンテナンスいろいろ

いろいろセッティング&メンテナンスやってます。

keroさん 930ターボは、 LINKのリセッテイングと足回りなど、、

オイルクーラーホースからオイル漏れもあったので交換。

RUF BTRは、 エンジンボルトやファン類をメッキや塗装準備です。

今月はキャラバンのLSDが初めてハイエースを上回りました。

欠品中でしたが OSさんから 注文分が届きました。

これ全部キャラバンNV350用です。

オイルキャンペーンは、3月まで延長です。

クレスタは、来月のアイドラーズ準備のメンテナンス。

マフラーは、少しレイアウト変更。

あとオイルパンにも油温センサーを取り付け。

これで入口出口の油温が計れます。

あと、、車載用のビデオに  GO Pro 9 を 購入。

今までずっと GO PRO 3 でしたが、、最近リモートの繋がりが悪くなりさすがに交換。

7年以上使いましたから、、、長持ちしました。

こちらもYターボ 君の 964T 

アイドラーズ準備です。

去年の最終戦で調子が悪かったのでシャーシで確認。

ブースト1Kで この馬力だと、、

悪くないですね。

いろいろバタバタで今月も終わりそうです。

930 4速ターボ  富士  テスト走行

930 4速ターボ  慣らしがほぼ終わったので

富士で最終テスト。

本当は、サーキットテストは、行いませんが

お客さんの希望で、、慣らし後サーキットもテストしてほしいとのことなので

特別にテスト走行。

今日の富士は、 晴天で 富士山が良く見えます。

まさに撮影日和だったので 1眼レフ、、、持ってくればよかった。

I PHONE だと、、、こんな感じが限界ですかね。

いままで、4速ターボでサーキット走ったことないのでどんな感じか? 

楽しみでしたが、、お客さんの車なので当然無理はしませんし、

今回は、タイムだしが目的ではなく、、慣らしを含めていろいろなものが機能するかが任務です。

4速ターボのギヤ比は、、、サーキットには向かない?

私もそう思っていましたが、、

乗ってみると案外走れます。

ブースト0.8K(最低ブースト) で シフトUPも 5000rpm

ブレーキングもコーナーも、、当然攻めません。

自分の中の6割程度で走行。

(慣らしが終わったばかりのお客さんの車ですから当たり前です。)

とりあえず10秒切るぐらいのペースで、、、と思い走ると、、、

普通に、、、5秒台、、、

バックストレートは、4速 5000rpmしか回していません。

それで、、5秒台、、、、

4速ターボ、、、案外速いかも、、、

この車 3.4Lの 964ハイフロータービン。

だから、、下からトルクもりもりですので  ダンロップも2速で全然立ち上がります。

その先のセクター3 もオール2速で走れます。

タイヤは、ラジアルのA052  フロント225  リヤ245  の17インチ

現状でも、、本気で走れば 2分は余裕で切れますね。

すべてを開放して、、、ブースト1.2k掛けで 本気で走れば、、

57秒ぐらいは出そうです。

オーナーさんの本拠地は、鈴鹿サーキットなので 4速ターボが鈴鹿でどれぐらい走れるか?

解りませんが、

とりあえず富士を走る分には、まったく問題なく感じました。

本日の任務完了です。

あとは、オーナーさんに頑張ってもらいましょう。

964T メンテナンス  930T 慣らし オイル交換は、、重要

964T  定期メンテナンスです。

定期メンテナンスは、すごく重要ですね。

ほとんどの方が車が壊れてから修理、、、、そしてまた壊れて修理、、、

でも、本当は、壊れる前に壊れそうなところを修理しておく、、、

これが1番大事です。

今回は、ハブB/G  オイルクーラーライン   燃料ラインを交換です。

ハブB/G、、、もちろん壊れてはいませんが、、年式相応の痛みがあります。

930Tは、慣らし運転。

一日で1000kmほど、、走りました。

面白いデーターを少し公開。

930Tの1000km走ったエンジンオイル。

わずか、、1000kmの走行でこんな感じ、、、

オイルがコーヒー牛乳みたいに汚れます。

でも、まだ、、オイルのキャラメル色も残っています。

きらめく部分は、磁石を着けても反応しないようなオイルスラッジです。

こちら、、うちの911R、、、 半年ぶりぐらいにオイル交換、、、、

サーキット走行1回、、、

先ほどの、、1000KMのオイルとはずいぶん色が違います。

スラッジも多いですね。

エンジン組んで、、走行距離は、まだ、、3000kmいっていません。

でも、、こんな感じです。

そしてこちらウチのクレスタ、、、、

エンジン組んでまだ、、2000kmしか経過しませんが、、、すでにサーキット走行3回。

すでに、、、オイルのキャラメル色は、なくなり、、真っ黒、、、

前回のオイル交換からサーキット走行  3回、、、、 走行距離にしたら、、300kmも走っていません。

ただ、、サーキット走行では、常に油温130度 以上、、、、

高回転、、、高負荷、、、、の連続がサーキットです。

どうですか?、、、、

これを見たら、、メーカーの新車のオイル交換サイクルが、、、1万キロでOKというのを信じられなくなりますね。

オイルスラッジは、新車時に1番出ます。

今回のこの3台、、、、

まだ、、エンジンOHから3000km経過していません。

特にサーキット走行が多い車は、、サーキット走行毎に定期交換が必要かと思いますね。

ちなみに、、エンジンオイルは、共にサーキット走行で実績のある一流メーカーのオイルを使用しています。

エンジンオイルは、汚れて当たり前、、真っ黒になること、、、

それがきちんと仕事をしてくれている結果です。

もし、、まったく汚れないエンジンオイルがあれば、、それは、、

ほんとにヤバイ、、オイルです。