964 3.6ターボ 

鈑金から上がってきた964ターボ 3.6 。

こちらはこれからエンジンを下ろしてOHです。

綺麗になりました。

それにしてもエンジン加工屋さんのスピードが遅いので思うように仕事が進みません。

こちらの3.6ターボ フラットノーズは車検メンテ。

前後ローター

ブレーキホース  テールランプ類

ハンドルなど 交換です。

930 NAエンジンは

ダイレクトコイル仕様へ。

LINKフルコンのダイレクトコイル。

どんな感じか?  楽しみですね。

930エンジン フルコン化へ

930NA エンジン。

フルコン化への準備です。

スロットル関連は、964 ターボ用。

インマニも964ターボ 。

空冷ファンも塗り上がって来ました。

クランクプーリーは海外製。

こちらは以前よりにかなりクオリティーが上がっています。

以前は30山設定でしたがRS フライホイールと同じ60山。

仕上がりもいいですね。

こんな感じでセンサーも含めて取りつけ。

これでFWにセンサーを持たない930NAエンジンでも 同時点火のセミシーケンシャル噴射が可能です。

930SC系の KジェトロNA制御は正直まったくいい部分がない。

ナローポルシェは、6スロにキャブやメカポン。

これはすごく味があっていいですね。

それ以降の930は3.2カレラの登場まで

Kジェトロ制御。

3.2カレラは、ボッシュインジェクション制御。

そう考えればKジェトロ制御の930は、少しかわいそうな時代のエンジン。

本当は、6スロにフルコン化がベストですがこれだとかなりコストはかかります。

だから

964ターボ マニを使ったフルコン制御を今後の支流にしていきたいですね。

あとは配線作成です。

LINK G4X インマニポート加工

LINKフルコンの新しいタイプ

G4X

とりあえず2台入荷。

今回は使うソフトウエアまで違うフルモデルチェンジ。

そして現行ソフトは英語版しかない。

しかも今までのデータは手打ちで移行しなければ使えない。

デュアルモニターのPCでとりあえずデータ移行。

使い方も今までと違うので慣れるまで超大変です。

あとは新しいもの特有のバグが無ければ良いですが

処理速度4倍、、、、

今現在はstormまで

早くfury 出ませんかね。

こちら  930ターボと964 ターボのインマニポート加工。

フルコン用ポートアダプターのサイズまで拡大。

1個は、930NAに使います。

それでは